ゴルフ上達法ランキング


もし、あなた
プロゴルファー作成の
上達法を探しているなら…
有益な情報が以下にあります。

ゴルフ上達のためのアセット集
【まぐまぐ携帯版】

貴重な情報が得られる
メルマガに登録する
↓↓↓
(空メールを送信)
規約に同意して登録
解除

第106号 アゴ近くのボール

おはようございます。
外資系コンサルタントのGolfProgressです。

本メルマガでは、その情報を知ることによって、ゴルフが上達する、
コンサルの世界で『アセット』と呼ばれるノウハウ、コツ、秘訣をご紹介します。

毎週読んでいただいている方、新しく読者になっていただいた方、
いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■石川遼選手、マスターズ出場を目指しアメリカへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2月の第2週に入り、
3・11からもうすぐ1年経つんだと実感します。

震災以降の記憶は残っているのですが、
去年の今頃の記憶が思い出そうとしても思い出せません。
それほど震災は強烈な記憶として残ってます。

自分にとっては人生観が変わる程の出来事、
ずっと忘れないと思います。

さて、今週は石川選手のニュースです。

男子プロゴルフの石川遼選手が渡米しました。
16日開幕の「ノーザントラストオープン」から再びスポット参戦する米国ツアー、
そして「マスターズ」の4年連続の出場を目指し、意気込みを語っていました。

今月はじめに米国から一時帰国し、
新潟県湯沢町で4日間のクロスカントリー合宿を打ち上げた石川選手。
体力強化と、ショートゲームの練習を行い、1週間あまりの日本滞在となったが、
「ボールをたくさん打てる体を作ってアメリカに行くことができる」
と調整に自信をのぞかせていました。

年末から着手してきたウェッジ等のクラブ選択も万全で。
思い残すこと無く、日本を発ちました。

現段階では「ノーザントラストオープン」以降、
そのほか2試合の参戦は決定しているが、世界選手権シリーズの2試合と、
マスターズの出場は現段階で未定。
各試合それぞれの順位、その1ストロークが、
出場権の付与に関わる世界ランキングに影響していくだけに、息をつく暇がありません。
石川選手は小学校の卒業文集に「20歳でマスターズ優勝」を記しています。
大志を持って走り続けてきたが、夢舞台へのチケットを持たずに米国遠征に出るのは、
初出場した2009年以降初めてのこと。

「行ってきます。」という言葉から、気合いを感じましたね。

【石川遼のスイング分析】
http://s-ter.net/business/c/01706.html
▼参考:ゴルフ・ダイジェスト・オンラインより
http://s-ter.net/business/c/01259.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2012/2/11集計の週間ランキングについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のゴルフ上達法の週間ランキングは、以下となります。
http://golfprogress.info/2012/02/11.html

プロ・アマ含め、多くの方が書かれているゴルフ上達法は、
玉石混合(良いものも悪いものもある)ではありますが、
ネット限定販売ならではの書店で得られない貴重な情報が満載です。

▼1位☆☆☆☆☆
驚異のゴルフ上達法 飛ばしの要諦
http://s-ter.net/business/c/01707.html

▼2位☆☆☆☆
ゴルフ7日間シングルプログラム雑誌で話題の小原大二郎プロによる
最短最速ゴルフ上達プログラム5ラウンド以内に100を切れなかったら全額返金!
飛距離アップ、スライスやダフリも簡単に修正!
http://s-ter.net/business/c/01708.html

▼3位☆☆☆
【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
http://s-ter.net/business/c/01709.html

▼4位☆☆
ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム
http://s-ter.net/business/c/01710.html

▼5位☆
手っ取り早く90を切るゴルフ上達法
http://s-ter.net/business/c/01711.html

▼6位以降は、サイトにて公開中。
http://golfprogress.info/2012/02/11.html

●今週の第1位は、
日本一売れた教材の著者が「飛ばしに特化した理論」を初めて公開!
最大飛距離を達成するための「本物の飛ばしの理論」とは・・・?

驚異のゴルフ上達法 飛ばしの要諦
http://s-ter.net/business/c/01712.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■アゴ近くのボールの出し方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週号ではフェアウェイバンカーは難しい?について紹介しました。
今週はアゴ近くのボールの出し方についてです。

今週も【今の技術で100を切る】から、
アゴ近くのボールの出し方についてご紹介させて頂きます。

◆アゴ近くのボールを出すにはテクニックが必要

深いバンカーでのアゴ近くのボールは、
もうトラブルショットに近い状況です。
もし自信がないようなら、アンプレヤブルを宣言しましょう。
とはいえ、いつまでも打てないままでは仕方がありません。
さすがにここでは特別なショットが必要となります。

アゴ近くでは、クラブが当たって振り抜けませんが、
無理にすくいあげようとするのはやめましょう。
また「オープンスタンスに構え、フェースを開いて打つ」
というアドバイスを受けたことのある人もいるかもしれませんが、
正確性を欠くという点で、これも避けたほうがいいでしょう。
確かに大きなロフトが得られますが、スタンスが狙った方向を向かないため、
ふだんのスイングと変わり、そのぶん安定性に欠けるはずなのです。

スイング自体はあくまでふだんのまま。
アドレスでのフェースの向きだけで調節することが大切です。
この打ち方をするためには、正しいグリップの握り方が大切。
ぜひ確認しておきましょう。

◆フェースを開いてまっすぐに構える

スタンスは、狙った方向に対しまっすぐに構えましょう。
スイング自体もふだんと変える必要はありません。
気にしがちなインパクト後の振り抜きに関しては、
ここでは考えないようにしておきましょう。
ボールの軌道を決めるのは、あくまでインパクトまでのスイングなのです。
グリップは基本通りギュッと握らず「自然に指に引っかける」感じで、
フェースの向きだけ右に開いてクラブを握っておきます。
このまま普通にスイングするだけでボールは出せるのです。


◆ネックを手前の砂にぶつけるように振り下ろすのがポイント

「フェースを開いて構えたままクラブを振り下ろす」、
これはボールを打つ前に砂にネックが当たるということですが、
これでいいんです。
ゴルフクラブのヘッドの重心はネックより外側にあります。
ネックが地面にぶつかれば、そこを中心に自然とヘッドが回転するはずです。
そのフェースが回る途中にボールがあり、
それを跳ね上げるというのがこの打ち方です。
このときグリップを強く握っていると、
ヘッドが自然に回転しなくなるので注意しましょう。

●特別な意識がミスを呼ぶ、それがバンカー

砂の上だからといって特別な事をしなくてもOK。
バンカー内でのスイングの乱れは自分の心の乱れを映し出している。

・上体が前に突っ込む
「クラブとボールの間に砂が入るから、ふだんより思い切り打ちこもう」
などと考えると、ダウンスイングでからだが前に突っ込んで、
結果はチョロになるだろう。

・ヘッドが遅れる
速いスイングをしようとして、からだが先に開いてしまい、
腕が遅れてくる力みからの振り遅れ。
チョロや空振りにつながるケースが多い。

・上から打ち込む
ダフるのをおそれて、ボールを上から捕えようとしてのミス。
上をたたきすぎるとチョロ、ボールを真横からとらえるとトップになる。

・アドレスのズレ
特別なショットをしようとして、
アドレスからズレてしまっているパターン。
多いのがオープンスタンスでフェースを開いたためのチョロや方向ミス。

【ゴルフ】トッププロ横田真一の「バンカー、アプローチが100倍上手くなる方法」
http://s-ter.net/business/c/01713.html


それでは、また次号にて!

──────────

ゴルフ上達のためのアセット集
【まぐまぐ携帯版】

メルマガに登録する
↓↓↓
(空メールを送信)
規約に同意して登録
解除

0.ゴルフ上達法ランキング -TOP-
1.プロから学ぶ
2.飛距離
3.アプローチ
4.パッティング
5.練習法
9.メルマガ登録



■お問い合わせ
■特定商取引法
■プライバシーポリシー
■更新履歴


Copyright© 2009
ゴルフ上達法ランキング
All Rights Reserved.