ゴルフ上達法について、初心者向けからプロゴルファー作成の上級者向けまで、厳選したランキングでご紹介!!

ゴルフ上達法ランキング

【レイドオフ】ゴルフ上達のためのアセット集 第46号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■□ ゴルフ上達のためのアセット集 第46号 ■□

	2010年(平成22年) 11月8日 月曜日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。外資系コンサルタントのGolfProgressです。

本メルマガでは、その情報を知ることによって、ゴルフが上達する、
コンサルの世界で『アセット』と呼ばれるノウハウ、コツ、秘訣をご紹介します。

毎週読んでいただいている方、新しく読者になっていただいた方、
いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■石川遼、最後に失速!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

HSBCチャンピオンズの最終日、前日まで絶好調のショットと抜群のアプローチ、
パッティングでスコアを伸ばしてきた石川遼に期待が集まりましたが、
最終日は予想外の失速で41位という結果でした。

前半は、悪くなかったんです。
2つのパー5でバーディを奪取。6番と9番では、
共に2メートル以上の微妙なパーパットをきっちり決めて、
前半は今大会初のノーボギー。

最後まで順調にスコアを伸ばすと思われたところ、今大会の鬼門の13番でボギー。
続く14番では、まさかの池ポチャでダブルボギー。
さらには、15番では1.5メートルのパーパットまではずしてしまいます。

16番のバーディで盛り返すか!?と最後の期待を込めましたが、
17番では、再びミスショットでボギー。
最終18番では、またしても池ポチャのボギー。
結局、トータル1オーバーでフィニッシュの41位タイ。

残念。無念。と思いきや・・

【最終結果】
優勝:フランチェスコ・モリナリ(-19)
2位:リー・ウェストウッド(-18)
3位T:ルーク・ドナルド(-9)
3位T:リッチー・ラムゼイ(-9)
5位:ローリー・マキロイ(-8)
6位T:アーニー・エルス(-7)
6位T:タイガー・ウッズ(-7)他5名
~
30位T:池田勇太(-2)他3名
34位T:宮本勝昌(-1)他4名
41位T:石川遼(+1)他4名
46位T:藤田寛之(+2)他1名
58位T:薗田峻輔(+6)他1名
60位T:平塚哲二(+7)
60位T:松村道央(+7)他1名


▼今日の映像ではないですが、
 石川遼とタイガー・ウッズのドライバーショット比較はこちらから。
http://ameblo.jp/golfprogress/entry-10700446421.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2010/11/6集計の週間ランキングについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のゴルフ上達法の週間ランキングは、以下となります。
http://golfprogress.info/2010/11/06.html

プロ・アマ含め、多くの方が書かれているゴルフ上達法は、
玉石混合(良いものも悪いものもある)ではありますが、
ネット限定販売ならではの書店で得られない貴重な情報が満載です。

▼1位☆☆☆☆☆
アプローチの真髄
http://s-ter.net/business/c/01155.html

▼2位☆☆☆☆
谷将貴のゴルフ非常事態宣言
http://s-ter.net/business/c/01156.html

▼3位☆☆☆
速効!パッティング上達術
~"入った"ではなく狙って"入れる"パッティング~
http://s-ter.net/business/c/01157.html

▼4位☆☆
世界最新ゴルフ上達プログラム
http://s-ter.net/business/c/01158.html

▼5位☆
やれば上手くなる「タオル素振り上達法」
http://s-ter.net/business/c/01159.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■失速の理由
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上述しましたHSBCチャンピオンズの石川遼。
この結果に、さぞや落ち込んでいるかと思いきや、意外と晴れやかな表情。

実は、彼にとって今日の失速は予期せぬものではなく、
今日は石川にとって新しい技術的な取り組みを実施していたらしいのです。

それが何かというと、
中国に来る前にイベントで共にラウンドしたタイガー・ウッズから得たもの。

タイガーのスイングを間近で見て、
そのスイングの一体感に魅せられ、ずっと気になっていたらしいのですが、
自分のスイングをそのイメージに近づけるための方法を今朝ひらめき、
さっそく試していた結果とのこと。


◆石川遼のスイング改良(レイドオフ)

【目的】
・ウッズのように左足寄りにボールを置いても強く打ち込むには、
 左手首の角度を一直線に固定して(レイドオフにして)体の回転で
 打っていく必要がある。

【方法】
・レイドオフ(トップでクラブが飛球線の左を指すこと)を極端に。

【効果】
・左足寄りにボールがあってもハンドファーストに打ち込むことが
 出来るようになり弾道が安定する。

※ボールを今までよりも左足寄りにする分、
 元のスイングに戻ってしまった時には、打点に狂いが生じ、
 それがミスショットに直結します。
 今日の石川遼は、これによりズレを修正出来ずに一気にスコアを
 落としてしまったと語っています。

もちろん練習場で、それなりの手ごたえを得た結果だとは思いますが、
いきなり試してみるとは大した度胸です。

彼の中で、"実践でしか得られない"経験というものを重要視した結果です。
今日は、敗れてもこの先長いゴルフ人生の大きな経験となるのでしょうね。
今後が楽しみです。

レイドオフについては、今週2位の谷コーチが少し説明しているサイトが以下です。

http://s-ter.net/business/c/01161.html

▼今週の2位☆☆☆☆
谷将貴のゴルフ非常事態宣言
http://s-ter.net/business/c/01162.html

それでは、また次号にて!





HOME - プロから学ぶ - ジャンル別 - 週間ランキング - 対象商品 - メールマガジン - サイト概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - サイトマップ