ゴルフ上達法について、初心者向けからプロゴルファー作成の上級者向けまで、厳選したランキングでご紹介!!

ゴルフ上達法ランキング

【L‐1出場選手に学ぶ】ゴルフ上達のためのアセット集 第53号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■□ ゴルフ上達のためのアセット集 第53号 ■□

	2010年(平成22年) 12月26日 月曜日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。外資系コンサルタントのGolfProgressです。

本メルマガでは、その情報を知ることによって、ゴルフが上達する、
コンサルの世界で『アセット』と呼ばれるノウハウ、コツ、秘訣をご紹介します。

毎週読んでいただいている方、新しく読者になっていただいた方、
いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■石川遼、来年はマスターズ前に米で2カ月修行プラン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年は、惜しくも賞金王は逃しましたが、確実な成長を遂げた石川遼。

早くも来年のマスターズに向けたプランを明らかにしています。

そのプラントは、来年2月からの米ツアー参戦について、
4月7日開幕のマスターズまで、1度も帰国せず2ヶ月間まるまる
アメリカに滞在し、武者修行するというものでした。

自身最長となる2ヶ月滞在で体調を完璧に整え、出場する6試合全て
「優勝争い」を目標にするとのこと。

私も仕事でシカゴに行ったりしましたが、アメリカと日本の移動の時差ボケは
想像以上にキツかったですから、良い選択だと思います。

この1年を「2011年のマスターズで優勝争いするために頑張ってきた」と
振り返る石川にとって、覚悟を決めた決断。

来年も期待できますね。


▼クリスマスイベントの有村智恵プロをビックカメラで目撃。
http://ameblo.jp/golfprogress/entry-10748174397.html

ゴルフ上達とは関係ないですが、
なかなか近くで見る機会もないので良かったです。
結果、話はあんまり聞けなかったんですが・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2010/12/25集計の週間ランキングについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のゴルフ上達法の週間ランキングは、以下となります。
http://golfprogress.info/2010/12/25.html

プロ・アマ含め、多くの方が書かれているゴルフ上達法は、
玉石混合(良いものも悪いものもある)ではありますが、
ネット限定販売ならではの書店で得られない貴重な情報が満載です。

▼1位☆☆☆☆☆
アプローチの真髄
http://s-ter.net/business/c/01196.html

▼2位☆☆☆☆
めがねゴルファー向け!「ゴルフはスウィングで飛躍的に飛ばそう」
http://s-ter.net/business/c/01197.html

▼3位☆☆☆
ゴルフスイング理論"Perfect Swing Theory 2
http://s-ter.net/business/c/01198.html

▼4位☆☆
簡単練習で自分専用のスイングプレーンを作る方法
http://s-ter.net/business/c/01199.html

▼5位☆
ゴルフ飛距離改革「ごくとび」
http://s-ter.net/business/c/01200.html

▼6位~10位はホームページに掲載しています。
http://golfprogress.info/2010/12/25.html


●今週の第3位
ゴルフスイング理論"Perfect Swing Theory 2
http://s-ter.net/business/c/01201.html

・ドラコンプロ&ドラコン日本アマチュアチャンピオンの安楽拓也プロが書いた
 「飛距離に特化したマニュアル」です。

・前作、ゴルフスイング理論"Perfect Swing Theory"から、
 さらに内容が分かりやすくブラッシュアップされています。

 <参考:前作>
 http://s-ter.net/business/c/00743.html


・安楽プロは、スイングコーチとして180人以上の生徒を抱えいる実績もあり、
 教え方にも定評があります。

・当然、この方法も安楽プロだけにしかできないような方法ではありませんので、
 ご安心ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■「L‐1ドラコン日本一決定戦」の出場選手に学ぶ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、石川遼が飛距離を伸ばしたというニュースをご紹介した
「L‐1 ドラコン日本一決定戦」ですが、テレビ放送が決定しました。

【テレビ放送】
テレビ東京で2011年1月26日(水)の朝4時15分~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「L‐1」とは、Long Distanceの頭文字「L」に「1」を加えることで、
これから生み出される「長い距離」等を争う競技のNo.1を目指すという意味。

また、このイベントの掲げる夢は、日本が生んだ世界的イベントとして、
F-1やK-1に負けないくらい世界の人々に感動と元気を与えることだそうです。


ちょっと残念だったのが、放送時間が・・・
というところですが、我々ゴルフファンが盛り上げていくしかないですね。

さて、この大会の出場選手ですが、以下の通りです。

【参考:「L‐1 ドラコン日本一決定戦」の出場選手】
 http://s-ter.net/business/c/01202.html

 安楽 拓也 ☆
 小達 敏昭 ☆
 岡部 健一郎
 南出 仁寛 ☆
 辰巳 善章
 田中 幸雄
 梶原 直樹
 友枝 周作
 山田 勉 ☆
 巽 英樹


第11号でご紹介しましたが、昨年1位の安楽プロは、
「バケツ」でスイングの感覚を掴む練習をしています。

非常にイメージしやすいですので、皆さんもちょっとやってみてください。

◆安楽プロのバケツスイング

【目的】
・スイングの感覚を掴む

【方法】
・いつものスイングの姿勢で、クラブの代わりに水を入れたバケツを持つ。

・頭と両膝でできる三角形、肩と腕でできる三角形を意識して
 バケツを左右にユラユラ揺らす。

・このとき、右足、左足の踏み込みを意識する。

・右足に体重が乗るとバケツは自然に右上上がり、
 左足に体重が乗るとバケツはダウンを開始して自然に左上に上がる。

・右、左、右と重心を移しながら、遠心力を意識する。

【ポイント】
・『遠心力』

・ゴルフクラブだと腕の力だけで、トップの位置に上げることができるが、
 水の入ったバケツとなるとそうはいかないため、体をうまく使う必要がでてくる。

・また、腕の力だけで持ち上げたたのでは遠心力が働かず、水がこぼれてしまう。



先ほどの出場選手のうち、☆をつけた選手は、飛距離アップの独自のアセットを
公開していますので、飛距離を伸ばしたい方はチェックしてみてください。

▼安楽 拓也
⇒ゴルフスイング理論"Perfect Swing Theory"
http://s-ter.net/business/c/01203.html

⇒ゴルフスイング理論"Perfect Swing Theory 2
http://s-ter.net/business/c/01204.html

▼小達 敏昭、南出 仁寛、山田 勉
⇒ゴルフ飛距離改革「ごくとび」
http://s-ter.net/business/c/00733.html

▼山田 勉
⇒ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム
http://s-ter.net/business/c/01205.html


また、先週ご紹介しましたが、
以下の飛距離がアップする上達法ランキングも参考にしてみてください。

http://golfprogress.info/swing.html


それでは、また次号にて!


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!

  発行者サイト  : http://golfprogress.info/
  		   http://ameblo.jp/golfprogress/
  プロから学ぶ  : http://golfprogress.info/menu1.html
  飛距離アップ  : http://golfprogress.info/swing.html
  アプローチ   : http://golfprogress.info/approach.html
  パッティング  : http://golfprogress.info/putter.html
  練習法      : http://golfprogress.info/practice.html
  週間ランキング: http://golfprogress.info/menu3.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




HOME - プロから学ぶ - ジャンル別 - 週間ランキング - 対象商品 - メールマガジン - サイト概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - サイトマップ