ゴルフ上達法について、初心者向けからプロゴルファー作成の上級者向けまで、厳選したランキングでご紹介!!

ゴルフ上達法ランキング

【スイングの基本-2】ゴルフ上達のためのアセット集 第97号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■□ ゴルフ上達のためのアセット集 第97号 □■

	2011年(平成23年) 12月5日 月曜日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
外資系コンサルタントのGolfProgressです。

本メルマガでは、その情報を知ることによって、ゴルフが上達する、
コンサルの世界で『アセット』と呼ばれるノウハウ、コツ、秘訣をご紹介します。

毎週読んでいただいている方、新しく読者になっていただいた方、
いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■先週賞金王を逃した石川選手、今季ラストも3位
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
寒さに負けてラウンドに出ることが億劫になっていた私ですが、
古い友人に誘われて今週久々に出てきました。

その友人とは、初めてまわりましたがとても上手かったです。
私は89でまわりましたが、友人はなんと72でまわり、
大差をつけられてしまいました。

負けることはめったにないので、
悔しい思いをしましたが、鍛え直してリベンジします。

先週、賞金王を逃した石川遼選手が今週初勝利のチャンスでした。

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップ最終日。
東京よみうりカントリークラブ。

2011年の国内男子ツアー最終戦は、
昨年優勝を果たした藤田選手と2位に終わった谷口選手のプレーオフに突入しました。
この日のベストスコアとなる6アンダー「64」をマークした藤田選手は、
その勢いのままプレーオフ2ホール目で谷口選手を振りきり大会2連覇を達成した。

通算7アンダーの単独3位は石川選手。
最終日を通算5アンダー、谷口選手と並んで首位タイスタートした石川選手ですが、
4バーディ、2ボギーとスコアを伸ばしきれませんでした。
これで、今季の男子ツアーは終了し、石川選手は未勝利に終わってしまいました。

通算イーブンパーの11位タイで最終日を迎えたアマチュアの松山選手は、
11番でトリプルボギーをたたくなど、
4ストローク落とし通算4オーバーの21位となりました。
注目して見てましたが、やはり若さでしょうか、
安定感には若干欠けましたね。

<藤田選手が谷口選手とのプレーオフを制し最終戦で今季初勝利> 

4アンダーの3位タイから最終ラウンドをスタートした藤田選手。
最終組のひとつ前でプレーし、前半6番(パー5)で
イーグルを奪ってスコアを2つ伸ばして折り返します。
後半も納得のいかないショットが続きながらも、
17番(パー5)で13メートルを沈めてこの日2つ目のイーグルを決め、
通算10アンダーで首位を走っていた谷口選手をついに捕らえました。

そして東京よみうりCCの名物ホール18番(パー3)でドラマが起きました。

直前の17番でバーディを奪い、藤田に1打差をつけて最終ホールを迎えた谷口は、
手前から80センチのパーパットを外してまさかの3パットボギー。
勝負は土壇場でプレーオフに突入します。
そして1ホール目は両者譲らず1オン2パットのパーで分けたものの、
2ホール目のティショットで谷口選手がグリーンを左に大きく外し、ボギー。
藤田選手は正規の18番(54ホール目)から3度同じように、
ピン左に乗せて2パットパー。大会連覇で今季初勝利を勝ち取った。

藤田選手にとってはやはり得意なコース、
運も味方しましたが勢いがあって劇的な結果となりましたね。

【藤田寛之のスイング分析】
http://s-ter.net/business/c/01626.html
▼参考:ゴルフ・ダイジェスト・オンラインより
http://s-ter.net/business/c/01259.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2011/12/3集計の週間ランキングについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のゴルフ上達法の週間ランキングは、以下となります。
http://golfprogress.info/2011/12/03.html

プロ・アマ含め、多くの方が書かれているゴルフ上達法は、
玉石混合(良いものも悪いものもある)ではありますが、
ネット限定販売ならではの書店で得られない貴重な情報が満載です。

▼1位☆☆☆☆☆
世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!
http://s-ter.net/business/c/01627.html

▼2位☆☆☆☆
ゴルフ7日間シングルプログラム雑誌で話題の小原大二郎プロによる
最短最速ゴルフ上達プログラム5ラウンド以内に100を切れなかったら全額返金!
飛距離アップ、スライスやダフリも簡単に修正!
http://s-ter.net/business/c/01628.html

▼3位☆☆☆
【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
http://s-ter.net/business/c/01629.html

▼4位☆☆
谷将貴のゴルフ非常事態宣言
http://s-ter.net/business/c/01630.html

▼5位☆
【ゴルフ】ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム
http://s-ter.net/business/c/01631.html

▼6位以降は、サイトにて公開中。
http://golfprogress.info/2011/12/03.html

●今週の第1位は、
タイガー・ウッズや世界のトッププロだけが実践している
日本人が誰も知らなかった世界標準欧米人ゴルフスイングの驚愕の秘密

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!
http://s-ter.net/business/c/01632.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■スイングの基本~腰のキレと肩をまわす~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週号ではスイングの基本を紹介しました。
今週も引き続きスイングの基本についてです。

今週も【今の技術で100を切る】から、
スイングの基本についてご紹介させて頂きます。

◆スイングの基本
先週紹介したように、
からだの特徴はひとそれぞれ違うものです
だから、正しいスイングは人それぞれ違います。

からだに合わせた動きをすることによって、
力まず安定したスイングができるんです。

●腰のキレ

・インパクトで腰を切るように回すときれいに振り抜ける

完璧なスイングができていて、なおかつ力まずにこれができるのであれば、
すばらしい飛距離が出すことができるでしょう。

ただし、もしできない場合は危険です。
上級者でさえ、自分のスイングを見失ってしまうリスクがあるかもしれません。
これは完璧なスイングができていてさらに磨いていく手段です。
月イチゴルファーであれば必要ないと思われる高度な技術と思っていいでしょう。

インパクトの直前に振り下ろしてきた腕の動きに同調させて腰を回せば、
確かにヘッドスピードは上がります。
ただし上半身と下半身の動きを完全に一致できなければ、
まともにインパクトできないでしょう。
運よくインパクトでフェースが正面を向いたとしても、
カット軌道になってよけいなスピンがかかってしまっては、飛距離も出ないはずです。
こういった上級者のテクニックを試すのは
からだにスイングの感覚が身についてからにしましょう。

・タイミングがズレた腰の回転はヘッドスピードを落とす

腰の回転が腕の振りと同調していなければ、
ヘッドスピードは上がるどころか落ちてしまいます。
というのも、からだを正面に向けてクラブを下ろしてきたときの
「タメ」が、腰を回すことによって逃げてしまうからです。
また、動きがぎこちなくなって姿勢を乱してしまっても、
この「タメ」はなくなります。

・「右足の蹴り」でもスイングを崩しやすい

「腰を回転させるために右足で地面を蹴る」とも言われます。
インパクトの瞬間に地面を蹴り、骨盤の右側を押し出すことで、
からだの回転速度を上げるのですが、これも「腰のキレ」とまったく同じ理由で、
取り入れるのは考えものです。

●肩を回す

・肩をあごの下にしっかり入れてスイングの弧を大きくすると飛ぶ

からだの硬い人が無理にねじろうとすると、必ず力みが生じます。
あごの下まで肩が回らないようなら、誰かにこのアドバイスをされても
聞き流しておきましょう。

現在はクラブが高性能になって、自然にスイングできれば、インパクトでヘッドが戻るようになっていますが、
依然は必ずしもそれでうまく打てるとは限りませんでした。
そのため、からだの中心に軸をつくって、それを中心とした円運動をする、
とされていたのです。
「頭を動かさず、ひじを曲げずに、肩を入れて…」といった具合です。

今はその必要はありません。
というより、そんなことをしては、逆に力んでスイングを乱してしまいます。
20年前のクラブを使っているならともかく、
このアドバイスはあたりさわりなく聞き流しておいたほうがいいでしょう。

コースで上司などに言われた時は、
「次までに練習しておきます」など、
サラッとかわすことをおすすめします。

・無理な姿勢は力みを生むだけ

無理な姿勢をとろうとすれば、からだは力みます。
力めば力むほど安定したスイングはできなくなるので、
あくまでもスイングスムーズさを優先し、
そのための姿勢づくりということを忘れないようにしましょう。

からだの柔らかい人なら、この姿勢は難しくないかもしれませんが、
そこまでからだを回す必要はありません。
姿勢ばかり意識してしまうと、スムーズな動きもできなくなるのです。

・トップで自然にひじが曲がっても構わない

「ひじを曲げるな」などと言う人いますが、
これも自然にまかせておけばいいのです。
無理にのばそうとすれば、力んでしまうだけです。
また必ず曲げるという必要もありません。
わざと曲げてしまっても、ダウンスイングで力んでしまうのです。

簡単練習で自分専用のスイングプレーンを作る方法
http://s-ter.net/business/c/01633.html

それでは、また次号にて!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!

  発行者サイト  : http://www.golfprogress.info/
                   http://ameblo.jp/golfprogress/
  プロから学ぶ  : http://www.golfprogress.info/menu1.html
  飛距離アップ  : http://www.golfprogress.info/swing.html
  アプローチ   : http://www.golfprogress.info/approach.html
  パッティング  : http://www.golfprogress.info/putter.html
  練習法      : http://www.golfprogress.info/practice.html
  週間ランキング: http://www.golfprogress.info/menu3.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



HOME - プロから学ぶ - ジャンル別 - 週間ランキング - 対象商品 - メールマガジン - サイト概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - サイトマップ