ゴルフ上達法について、初心者向けからプロゴルファー作成の上級者向けまで、厳選したランキングでご紹介!!

ゴルフ上達法ランキング

【ウェッジのメカニズム】ゴルフ上達のためのアセット集 第104号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■□ ゴルフ上達のためのアセット集 第104号 □■

	2012年(平成24年) 1月23日 月曜日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
外資系コンサルタントのGolfProgressです。

本メルマガでは、その情報を知ることによって、ゴルフが上達する、
コンサルの世界で『アセット』と呼ばれるノウハウ、コツ、秘訣をご紹介します。

毎週読んでいただいている方、新しく読者になっていただいた方、
いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ゴルフのプロとアマチュアの違いとは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週に引き続きゴルフに行く予定だったのですが、
関東地方雪が降ってしまったため中止になってしまいました。

とても楽しみにしていたので残念です。
1月中は行く予定がないので、2月を楽しみにします。

さて、今週はゴルフのプロとアマチュアの違いについて紹介します。

・賞金に関するルールはプロとアマではどう違うのか?

賞金の有るプロ競技でもアマチュア参加は出来ますが、
参加申し込み時点で賞金を受け取らないと誓約しないといけません。
競技終了後に受け取らないという事ではなく、
誓約しないでプレーした時点でアマチュア資格が無くなります。

つまり賞金はアマチュア選手はもらえないということです。
昨シーズンの松山選手の賞金は・・・。。

・アマチュアであり続けるメリットは?

アマチュアはプロの試合に出ることは出来ますが、
参加資格がアマチュアのみの試合に出れるぐらいです。
たとえば、日本アマとかナショナルチームもアマのみです。
プロ競技にアマとして出続けるならメリットはないですね。

・プロ宣言をした後の個人の出費はあるのか?
 プロ加盟費や年会費や大会エントリー費など年間いくらくらい必要なのか?

プロテスト合格したら男子で「日本プロゴルフ協会」の会員になれます。
入会金登録料で¥450000、保険料他で¥45000、年会費¥42000です。
なお、試合に出られるシード選手でもプロ宣言をしただけで
プロゴルフ協会会員で無い方も居られます。

プロ資格とトーナメントに出る資格は別物で、
プロ資格があるとトーナメントに出るための
クオリファイトーナメントの受験料が優遇されます。

年間トーナメントに出場するとして、その大会のエントリーフィー、
交通費、宿泊費、食事代は掛かります。

大体、週に2~30万ぐらいはかかるみたいですね。

【松山英樹のスイング分析】
http://s-ter.net/business/c/01682.html
▼参考:ゴルフ・ダイジェスト・オンラインより
http://s-ter.net/business/c/01259.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2012/1/21集計の週間ランキングについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のゴルフ上達法の週間ランキングは、以下となります。
http://golfprogress.info/2012/01/21.html

プロ・アマ含め、多くの方が書かれているゴルフ上達法は、
玉石混合(良いものも悪いものもある)ではありますが、
ネット限定販売ならではの書店で得られない貴重な情報が満載です。

▼1位☆☆☆☆☆
驚異のゴルフ上達法 飛ばしの要諦
http://s-ter.net/business/c/01691.html

▼2位☆☆☆☆
ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム
http://s-ter.net/business/c/01692.html

▼3位☆☆☆
ゴルフ7日間シングルプログラム雑誌で話題の小原大二郎プロによる
最短最速ゴルフ上達プログラム5ラウンド以内に100を切れなかったら全額返金!
飛距離アップ、スライスやダフリも簡単に修正!	
http://s-ter.net/business/c/01693.html

▼4位☆☆
【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
http://s-ter.net/business/c/01694.html

▼5位☆
『プロゴルファー常住充隆』 
アーリーリリース撲滅プログラム 
あなたも片手シングルプレイヤーになれる! 	
http://s-ter.net/business/c/01695.html

▼6位以降は、サイトにて公開中。
http://golfprogress.info/2012/01/21.html

●今週の第1位は、
日本一売れた教材の著者が「飛ばしに特化した理論」を初めて公開!
最大飛距離を達成するための「本物の飛ばしの理論」とは・・・?

驚異のゴルフ上達法 飛ばしの要諦
http://s-ter.net/business/c/01696.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ウェッジのメカニズム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週号ではバンカーショットの基本について紹介しました。
今週はウェッジのメカニズムについてです。

今週も【今の技術で100を切る】から、
ウェッジのメカニズムについてご紹介させて頂きます。

◆ウェッジのメカニズム

ウェッジは、アイアンに比べフェースが大きくできています。
そのぶんヘッドは重くシャフトが短いので、
アイアンより振りやすいと言えるでしょう。

そしてアイアンと大きく違う点に、
ヘッドにある「バンス」が挙げられます。
ソールが下にふくらんでいる形状が特徴的なこのバンスがあるから、
バンカーなどでもフェースが砂に刺さることなく、
跳ね返って振り抜けるのです。

さらに言えるのが、フェースが大きくシャフトが短いぶん、
ボールに当てやすいクラブであるということです。
そのうえでヘッドが重いのですから、スイング中にヘッドの重さを感じやすく、
かなり振りやすいと言えます。
自分のスイングを見失ったら、ウェッジで感触を確かめてみるといいでしょう。

ウェッジにはロフトによって、ピッチング、アプローチ、
サンドロブなど、いくつか種類があります。
この後、サンドウェッジを使った、バンカーショットを解説していきます。

●バンスって何?

バンスとは、英語の「bounce」、つまり「跳ねる」という意味です。
ソールから下向きに出っ張ったこの部分を、
跳ねさせるためのものなのです。
バンカーショットでクラブが、
砂に刺さったときのことを考えてみてください。
もしバンスがなければ、ロフトの角度に沿って、
クラブは砂の奥に潜ってしまうはずです。

しかしバンスがついていれば、それとは逆に砂の上に向かう力が働くため、
クラブは埋もれずにすみます。
一瞬砂に潜ったとしても、簡単に振り抜けるでしょう。

●ハンドファーストの罠

バンカーでハンドファーストに構えている人を多く見かけます。
この打ち方に慣れていて、きちんと出せるならいいのですが、
他人のアドバイスに従うだけなら、やめたほうが無難です。
まずは普段通り振ってみましょう。
ハンドファーストにするということは、フェースを建てることです。
となると、せっかくのバンスがなくなります。
つまり番手の大きいアイアンを少し短く持って、
通常のスイングで振るのと同じことになってしまうのです。
ウェッジを使うのであれば、そのメリットをフルに活かしましょう。

●ウェッジの種類

ウェッジには、ヘッドとシャフトのつき方によって、3つの種類があります。
シャフトからまっすぐについているストレートネック、
シャフトの延長線上から少し後ろに曲がったセミグースネック、
さらに曲がっているグースネックの3つです。
使っているアイアンのネックの形状にもよりますが、
初級者であればセミグースあたりが一番打ちやすいと思われます。
アドレスのときのボールの見え方で、
錯覚を起こしにくいという点からおすすめします。

・グースネック

セミグースより後方にエッジがくる。
ボールの見え方が異なるため、
ハンドファーストになるなら避けた方が無難

・セミグース

シャフトの延長線より少し後方に、エッジがくる。
なんとなくボールがつかまりやすいイメージが持てるはず。

・ストレート

シャフトの延長線上にリーディングエッジがある。
トップしてしまいそうな感覚がある人にはおすすめできない。


驚異のゴルフ上達法
http://s-ter.net/business/c/01697.html


それでは、また次号にて!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!

  発行者サイト  : http://www.golfprogress.info/
                   http://ameblo.jp/golfprogress/
  プロから学ぶ  : http://www.golfprogress.info/menu1.html
  飛距離アップ  : http://www.golfprogress.info/swing.html
  アプローチ   : http://www.golfprogress.info/approach.html
  パッティング  : http://www.golfprogress.info/putter.html
  練習法      : http://www.golfprogress.info/practice.html
  週間ランキング: http://www.golfprogress.info/menu3.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



HOME - プロから学ぶ - ジャンル別 - 週間ランキング - 対象商品 - メールマガジン - サイト概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - サイトマップ