ゴルフ上達法について、初心者向けからプロゴルファー作成の上級者向けまで、厳選したランキングでご紹介!!

ゴルフ上達法ランキング

【左右に球が出る人の直し方】ゴルフ上達のためのアセット集 第123号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■□ ゴルフ上達のためのアセット集 第123号 □■

	2012年(平成24年) 7月9日 月曜日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
外資系コンサルタントのGolfProgressです。

本メルマガでは、その情報を知ることによって、ゴルフが上達する、
コンサルの世界で『アセット』と呼ばれるノウハウ、コツ、秘訣をご紹介します。

毎週読んでいただいている方、新しく読者になっていただいた方、
いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■小袋選手がアマ日本一を獲得です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7月に入り雨も減ってくるかと思いきや、
またまた天気は雨。。

8月は降らないで欲しいと願うばかりです。
(予定をたくさんいれているので)

季節の変わり目で、風邪をひいてしまいました。
皆さんも気を付けてくださいね。

さて今週は、アマチュアゴルフ情報です。

奈良県で開催されている
「2012年度日本アマチュアゴルフ選手権競技」。

36ホールを勝ち上がった上位32名のマッチプレーの末、
勝ち残ったのは21歳の小袋選手でした。

決勝戦は身長183センチの小袋選手と身長158センチ、高校2年生の比嘉選手の対決。

36ホールでのマッチプレーで行われ、
序盤はポイントを奪い合う攻防が続きました。

12ホール目、さらに20、22ホール目と小袋選手がリードを2アップに広げますが、
比嘉選手も諦めずにオールスクエアへと戻しました。

そして、31ホール目に1アップを奪った小袋選手、
その後4ホールリードを守りきると、
最終36ホール目を奪い2アップで決着をつけた。

大学を中退し、今年でプロ転向を狙う小袋選手が、
アマチュアとして最後のチャンスで日本一の称号を手に入れました。

敗れた比嘉選手は17歳75日という史上最年少日本アマ制覇を狙いましたが、
あと一歩のところで潰えてしまった。

第二の石川選手がどんどん出てきて欲しいですよね。

【宮里藍のスイング分析】
http://s-ter.net/business/c/02044.html
▼参考:ゴルフ・ダイジェスト・オンラインより
http://s-ter.net/business/c/01259.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2012/7/7集計の週間ランキングについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のゴルフ上達法の週間ランキングは、以下となります。
http://golfprogress.info/2012/07/07.html

プロ・アマ含め、多くの方が書かれているゴルフ上達法は、
玉石混合(良いものも悪いものもある)ではありますが、
ネット限定販売ならではの書店で得られない貴重な情報が満載です。

▼1位☆☆☆☆☆
7日間シングルプログラム	
http://s-ter.net/business/c/02045.html

▼2位☆☆☆☆
速効!ゴルフダウンブロー上達術
http://s-ter.net/business/c/02046.html

▼3位☆☆☆
しなり活用!森本式「リズムシンクロ打法」
http://s-ter.net/business/c/02047.html

▼4位☆☆
【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
http://s-ter.net/business/c/02048.html

▼5位☆
ゴルフ飛距離改革「ごくとび」
http://s-ter.net/business/c/02049.html

▼6位以降は、サイトにて公開中。
http://golfprogress.info/2012/07/07.html

●今週の第1位は、
もし5ラウンド以内に80~90にならなければ、全額返金します。
雑誌にも紹介されたベストセラーレッスン。

7日間シングルプログラム	
http://s-ter.net/business/c/02050.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■左右に球が出る人の直し方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前回号では曲がらないスイングの作り方について紹介しました。
今週は左右に球が出る人の直し方についてです。

今週は「ALBA」から、
左右に球が出る人の直し方についてご紹介させて頂きます。

◆左に球が出る人の直し方

右肩を少し引いて下げればアウトサイド軌道がフラットになる。
クラブがアウトサイドから下りてきて、ボールが左に飛び出す人。
そこから右に曲がる人もいれば、そのまま左に飛ぶ人もいるが、
とにかく外側からの軌道を真っすぐに直すための対策を紹介します。

●肩の回転がアップライトからフラットになる

フェードを打っているのかと勘違いされる時は、
自分の構えを見直してみましょう。
右肩が前に出すぎている時があるはずです。

右肩が前に出ていては、
クラブがアウトサイドに上がりやすくなってしまいます。

そこで右肩を引き、さらにちょっと下げて構えるようにすると、
インサイドにクラブを引きやすく、
また肩の回転がアップライトではなくフラットになるので、
ヘッドが内側から下りてきやすくなります。

●フェースを開いて上げるとトップからループする

インサイドにクラブを上げても、
カット軌道になるケースがあります。

それはインサイドに引きすぎていて、
フェースを開いて上げてしまっている時です。

そうした場合トップでクラブがループして、
外側から下りてくるので、球が左に出てしまうんです。

これを防ぐには、クラブを短く持って、
グリップエンドをお腹につけたままハーフスイング素振りをします。
お腹からグリップエンドを離さないように上げれば、
フェースは開きません。

そしてフォローでもお腹から離さないようにすると、
インサイドから下りやすくなります。
ショットの直前にこの体の動きを体感してからスイングすると、
とても効果的で、左に出る球がなくなりますよ。


◆右に球が出る人の直し方

バックスイングは右の人と握手。
これをすれば、インサイド軌道になり過ぎません。
インサイドからクラブがおりるのはいいが、
それが過ぎでしまうとこれがまた曲がりの原因になります。
適正なインサイドから下ろすためには、肩の傾きでチェックしましょう。


●肩は水平に回すつもりでオンプレーンになる

球が右に出る人は、クラブがインサイドから入り過ぎています。

その原因は、肩を縦にまわしてしまっているから。
こうしてしまうとアップライトに上がって、
トップが高くなり過ぎてしまいます。

その位置からは、クラブをグリップエンドから下ろせず、
寝て入ってきやすくなるので、インサイド軌道が強くなるのです。

肩は水平に回すのが正解。

アドレスで前傾してたってるので、
そのまま水平に肩を回すくらいで理想的な軌道になるのです。

そのためには、右にいる人と握手するようなイメージで、
バックスイングしてみましょう。

この感覚だとクラブがオンプレーンに下りてくるので、
まっすぐ飛んでいきます。


●手元が右腰の高さでヘッドを先行させる

肩の傾きの他にもクラブがインサイドから入り過ぎる原因があります。
ノーコック打法を採用しているゴルファーは要注意です。

切り返しで余分な動きが入ってしまい、
シャフトが寝てしまいます。

早めに小さくコックを入れることで解消できます。
右腰の高さまで手元が上がった時、
少しヘッドが先行する程度。

こうすれば、コンパクトなトップになり、
スムーズな切り返しができます。

オンプレーンに振れ、球が右になくなります。

速効!ゴルフダウンブロー上達術
http://s-ter.net/business/c/02051.html

それでは、また次号にて!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!

  発行者サイト  : http://www.golfprogress.info/
                   http://ameblo.jp/golfprogress/
  プロから学ぶ  : http://www.golfprogress.info/menu1.html
  飛距離アップ  : http://www.golfprogress.info/swing.html
  アプローチ   : http://www.golfprogress.info/approach.html
  パッティング  : http://www.golfprogress.info/putter.html
  練習法      : http://www.golfprogress.info/practice.html
  週間ランキング: http://www.golfprogress.info/menu3.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



HOME - プロから学ぶ - ジャンル別 - 週間ランキング - 対象商品 - メールマガジン - サイト概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - サイトマップ