ゴルフ上達法について、初心者向けからプロゴルファー作成の上級者向けまで、厳選したランキングでご紹介!!

ゴルフ上達法ランキング

【リンクス・河川コースは高い球】ゴルフ上達のためのアセット集 第127号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■□ ゴルフ上達のためのアセット集 第127号 □■

	2012年(平成24年) 8月20日 月曜日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
外資系コンサルタントのGolfProgressです。

本メルマガでは、その情報を知ることによって、ゴルフが上達する、
コンサルの世界で『アセット』と呼ばれるノウハウ、コツ、秘訣をご紹介します。

毎週読んでいただいている方、新しく読者になっていただいた方、
いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■同門、先輩後輩同士の選手間の微妙な関係性
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8月も3分の2が終了。
ロンドンオリンピックも終わり日常を取り戻してきましたね。

オリンピック中は寝不足の人続出で大変だったみたいです。

なでしこジャパンは銀メダルをゲットできましたが、
男子は惜しくもメダルゲットできず・・・。。

それに今も緊迫している日韓の関係の引き金になる試合になってしまいました。
記憶の残り方として非常に残念ですね。
領土問題はいろいろ情報が錯綜しているし、泥沼化しているようにも感じますが、
なるべく被害の少ないお互いにとってよい結果に進んでくれたら、
日本人として嬉しいです。

さて今週は、女子ゴルフ情報です。

今週の「CAT Ladies」で初日首位タイに立った斉藤愛璃選手は、
前週「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で、
ツアー初優勝を飾った吉田選手の高校の2年後輩なんです。

先輩についていけるよう頑張ると今週へ気持ちを新たに臨んでいました。

そして、2日目に首位に浮上してきたのは、その吉田選手。
「meijiカップ」の週に久しぶりにご飯を一緒に食べたようで、
悩んでいた中頑張った結果が出て嬉しいと話しており、
この日もリーダーズボードをみながら斉藤選手のスコアをチェックしていました。

相手が頑張っているから、
自分も頑張ろうとお互い思いながら相乗効果で優勝争いへ顔を出してきている2人。

また、通算7アンダーで首位に並ぶ服部選手と森田選手は、
同じ岡本綾子師匠の元で学ぶ同門2人。
服部選手は同門選手を意識して気持ちで負けないと気をはき、
森田選手は同門の優勝争いに無頓着なそぶりを見せるが、
少なからず刺激は受けていることでしょう。

選手同士のそういったドラマを感じながら見るのも、
ひとつのゴルフの楽しい見方ですよね。

選手のプロフィールにも注目です。

【斉藤愛璃のスイング分析】
http://s-ter.net/business/c/02093.html
▼参考:ゴルフ・ダイジェスト・オンラインより
http://s-ter.net/business/c/01259.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2012/8/18集計の週間ランキングについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のゴルフ上達法の週間ランキングは、以下となります。
http://golfprogress.info/2012/08/18.html

プロ・アマ含め、多くの方が書かれているゴルフ上達法は、
玉石混合(良いものも悪いものもある)ではありますが、
ネット限定販売ならではの書店で得られない貴重な情報が満載です。

▼1位☆☆☆☆☆
7日間シングルプログラム	
http://s-ter.net/business/c/02102.html

▼2位☆☆☆☆
【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
http://s-ter.net/business/c/02103.html

▼3位☆☆☆
谷将貴のゴルフ非常事態宣言
http://s-ter.net/business/c/02104.html

▼4位☆☆
速効!ゴルフダウンブロー上達術
http://s-ter.net/business/c/02105.html

▼5位☆
しなり活用!森本式「リズムシンクロ打法」
http://s-ter.net/business/c/02106.html

▼6位以降は、サイトにて公開中。
http://golfprogress.info/2012/08/18.html

●今週の第1位は、
もし5ラウンド以内に80~90にならなければ、全額返金します。
雑誌にも紹介されたベストセラーレッスン。

7日間シングルプログラム	
http://s-ter.net/business/c/02107.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■リンクス・河川コースは高い球で攻めよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前回号では飛距離が伸びる真レベルブローについて紹介しました。
今週はリンクス・河川コースは高い球で攻めようについてです。

今週は「ALBA」から、
リンクス・河川コースは高い球で攻めようについてご紹介させて頂きます。

◆リンクスコース

フェアウェイが軟らかいというリンクスコース。
ランを使わずに高い球でキャリーで距離を稼ぐのが効率の良い攻め方。
ここではリンクスコースでの攻め方を紹介します。

●距離を稼いで3打目を短い距離から打つ

リンクスコースというと地面が硬い。
そんなイメージがあるので皆さんは低い球のランを使って攻めると思います。
しかし実は日本のリンクスコースは低い球で攻めたらだめなんです。
なぜかというと日本のコースは、埋立地に造られていたり、
土壌の影響でどうしてもフェアウェイが軟らかくなってしまうからです。

ランが出ないから低い球では、あまり前には進みません。
高い球を出してキャリーを出して飛ばす方が距離を稼げるんです。

●高い球を打つ3つのポイント

1、球を左に置き

通常の球の位置から1個分左に置く。
ヘッドの最下点からアッパー軌道になるところで打てるので高い球になります。

2、左を向いて

球を1個分左に置いたらあとは、
身体全体を目標より少し左に向ければ高い球を打つアドレス完成。

3、左に振り抜く!

フォローで目標方向にヘッドを出しては、球はつかまらない。
こすり球になり、スライスになってしまいます。
打ち方のポイントはフォローで左に振り抜くこと。
これで球を左に置いてもしっかり球がつかまります。


高い球でキャリーを出して距離を稼ぐ。
それには3つのポイントがあります。

まずは球は普段の位置から1個分左に置く。
次に体全体を少し左に向ける。
最後にフォローを左に振り抜くんです。

球を左に置くことでより、アッパー軌道で球を打てます。
だけど球が速くなる分、しっかり球をつかまえるためにフォローを左に振り抜く。

左に振り抜くスペースを作るために左を向くということです。

このポイントで高い球を打つことができるようになります。

●ボール半個分出球をズラせば高い球でもフェアウェイキープ

リンクスや河川コースで気を付けないといけないのが「風」です。
高い球だとより風の影響を受けてしまう。

風がある時とない時の対策をあらかじめ知っていれば、
フェアウェイキープの確率が高まります。

●出球のラインで目標を考える

高い球でキャリーを出して距離を稼ぐといっても、
リンクスや河川コースは風が強いです。

山岳コースと違って、まわりに木がないから風をさえぎらないのです。
しかし、さえぎるものがないということは、
風が巻くことがないから、向きは一定で読みやすい。

ポイントは強さを見極めて風対策をすること。

●風の強さを見極めるには

風の強さを見極めるには、芝を飛ばすのが1番わかりやすいです。
真上に高く芝を投げて、体の近くにゆっくり落ちれば弱い風。
体の遠くに流れていったら強風です。

それによって風の強さを判断して目標をズラすことが大事なんです。

目標は出球のラインで考えるといいです。
まず無風の時のまっすぐなラインを決める。

その後、強風の場合は、
無風の目標ラインからヘッド1個分先にある出球を半個分ズラす。
ほんの少しの違いですが、これをすることにより、
240ヤード先では約30~40ヤードの差が出てきます。

弱い風の時であれば無風と強風の中間でいいと思います。

あとは、この出球のラインに合わせてフェースも体も真っすぐにして構えて打てば、
高い球でも確実にフェアウェイキープができます。


世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!
http://s-ter.net/business/c/02108.html


それでは、また次号にて!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!

  発行者サイト  : http://www.golfprogress.info/
                   http://ameblo.jp/golfprogress/
  プロから学ぶ  : http://www.golfprogress.info/menu1.html
  飛距離アップ  : http://www.golfprogress.info/swing.html
  アプローチ   : http://www.golfprogress.info/approach.html
  パッティング  : http://www.golfprogress.info/putter.html
  練習法      : http://www.golfprogress.info/practice.html
  週間ランキング: http://www.golfprogress.info/menu3.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



HOME - プロから学ぶ - ジャンル別 - 週間ランキング - 対象商品 - メールマガジン - サイト概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - サイトマップ