ゴルフ上達法について、初心者向けからプロゴルファー作成の上級者向けまで、厳選したランキングでご紹介!!

ゴルフ上達法ランキング

【ゴルフレッスンの現状とゴルフスイング。】ゴルフ上達のためのアセット集 第152号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■□ ゴルフ上達のためのアセット集 第152号 □■

	2013年(平成25年) 2月24日 日曜日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんばんわ。
外資系コンサルタントのGolfProgressです。

本メルマガでは、その情報を知ることによって、ゴルフが上達する、
コンサルの世界で『アセット』と呼ばれるノウハウ、コツ、秘訣をご紹介します。

ゴルフ経験14歳から、フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏の協力の元、
日本とフランスのゴルフ事情の違いなども含めた情報も発信してきます。

毎週読んでいただいている方、新しく読者になっていただいた方、
いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■USLPGAツアー開幕。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週、オーストラリアでUSLPGAツアーが開幕しました。
日本からは昨年ファイナルQTを突破した、上原選手が参戦。
初日に7アンダーの4位タイと好発進しました。
後が続きませんでしたが、ルーキーイヤー初戦で予選突破は素晴らしいと思います。

この大会、大きな話題となったのは
アマチュアのリディア・コー選手ではないでしょうか。
予選のペアリングはM.ウィ選手とY.ツェン選手。
コー選手の憧れは、国籍は違っても、同じく韓国人の両親を持つ、M.ウィ選手。
そして、Y.ツェン選手は現在世界ランクNo.1。

スター選手二人と回れば、
ギャラリーになってしまうのが普通ですが、コー選手は違いました。
コー選手の素晴らしい所は、リズムが崩れない所でしょう。
どのショットもリズム、飛球の見方まで同じです。
同組の二人はツアーの中でも屈指の飛ばし屋です。
特にM.ウィ選手との飛距離差は明らかでしたが、そんな事では動じません。
自分のゴルフにブレがないのでしょう。

舞台となったロイヤル・キャンベラGCは6,679ヤード・パー73の設定。
15歳のアマチュア選手にとってはかなり厳しい設定の筈。
ですが初日、いきなり10アンダーでトップスタートとは、凄すぎです。
コー選手は今大会の前週、地元ニュージーランドのプロトーナメントでプロツアー、
キャリア3勝目を挙げました。

今大会は最終日崩れ3位となりましたが、現在コー選手の世界ランキングは26位。
憧れの元祖天才少女のウィ選手は74位。
世界ランキングでもキャリアでも追い越してしまったのではないでしょうか。
ますます注目度が増したコー選手の今後が気になりますが、
昨年、JLPGAでアマチュアとして優勝した韓国の金選手は既に、プロ宣言済み。
コー選手は今後、アメリカの大学への進学を希望しているようですが、
今シーズンのメジャー大会での活躍が楽しみです。

オーストラリアンオープンの冠スポンサーとなっているのはISPS。
ISPSとは、国際スポーツ振興協会の事で、日本の社団法人。
冠名にもあるハンダとは、会長である半田晴久氏の名前。

半田氏は1988年に日本で最初に
ブラインドゴルフ(視覚障害者によるゴルフ)倶楽部を設立し普及に努めた方で、
ブラインドゴルフの父と呼ばれています。
現在は世界5か国の参加による世界盲人ゴルフ協会の総裁として活躍されています。

半田氏の活動はそれだけには留まりません、ゴルフの社会貢献の道を模索し、
まずは日本の女子シニア普及に努めます。
アメリカにしかなかった女子シニアの公式戦を2005年に
第1回ワールドシニアゴルフレディースオープン選手権として日本で開催。

また、2006年にオーストラリアでハンダオーストラリアカップを開催。
この試合は男子と女子のシニアとジュニアが一堂に会して、タイトルを争う大会。
地元オーストラリアでは大きなニュースとなったようです。
2007年にはJPGAの申し出により男子シニアツアーの
ハンダカップフィランスロピーシニアトーナメントの特別協賛。
人気に陰りが出てきている、JGTOへの協力が必要かもしれません。

【グレーム・マクドウェルのプロフィール】
http://s-ter.net/business/c/02251.html
▼参考:ゴルフ・ダイジェスト・オンラインより
http://s-ter.net/business/c/01259.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2013/2/23集計の週間ランキングについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のゴルフ上達法の週間ランキングは、以下となります。
http://golfprogress.info/2013/02/23.html

プロ・アマ含め、多くの方が書かれているゴルフ上達法は、
玉石混合(良いものも悪いものもある)ではありますが、
ネット限定販売ならではの書店で得られない貴重な情報が満載です。

▼1位☆☆☆☆☆
7日間シングルプログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

▼2位☆☆☆☆
【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/1jikugolf.html

▼3位☆☆☆
ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/golfsp.html

▼4位☆☆
しなり活用!森本式「リズムシンクロ打法」 
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/golf2.html

▼5位☆
アプローチの真髄
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/1golf-jyoutatuap.html

▼6位以降は、サイトにて公開中。
http://golfprogress.info/2013/02/23.html

●今週の第1位は、
もし5ラウンド以内に80~90にならなければ、全額返金します。
雑誌にも紹介されたベストセラーレッスン。

7日間シングルプログラム	
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ゴルフレッスンの現状とゴルフスイング。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏より、
ゴルフレッスンに関する豆知識やアセットについて紹介しています。

今週TAKU氏の連載第12回目です。

◆ゴルフレッスンの現状とゴルフスイング。

現在、レッスンの主流はビデオなどデジタル機器による分析、
比較によるレッスンになりつつあります。

現在のプロコーチやインストラクターの多くは形を重視しています。
模範となる人物のスイングと比較して、何が同じで、何が違うのかを見つけ出し、
正しいとされる形を身に付けるのが上達のコツと説明します。
しかし、ゴルフスイングは一連の動きですから、
部分的な形には必ず前後の動作があります。
偶然その形になるわけではありません。

ボールを打つ動作は、アドレスに入る前から始まっています。
人間の動作は脳でその動作のイメージをしてから初めて、
動きとして具現化できるわけです。

ツアープロはスイングの引き出しが沢山あり、
練習の積み重ねで多くのプロセスを身に付けています。

自分が今、どの様な動きになっていて、
今後それをどう改善すべきなのか一連の動きの中で理解することが出来ています。
しかし、スイングの引き出しが少ない人が、
部分的な形をまねして一連の動きをイメージできるでしょうか?!
イメージ出来ない事に多くの時間を費やしても無駄でしょう。

スイング中に自分の体の動き、クラブの動きなど見て確認することが出来ません。
見た目の形などスイング中、自分で見て確認できない事を意識しても、
出来ているのかどうなのかわかりません。
スイングを分解してこの位置では体の形はこうなっていて、
クラブの形はこうなっていてと確認しても、
動きが止まっている時と動いている時では感じ方は変わってきます。

理論上、ヘッド軌道やシャフトプレーンなどクラブの動きによって弾道は変化します。
肉眼では分かりづらいクラブの動きもデジタル機器により非常にわかりやすくなりました。
教える側にとっては大変ありがたい事です。
肉眼で見て、判断しづらい部分も明確になるからです。
教える側は最後の手段としてデジタル機器を活用するのは効果的でしょう。

客観的に見た基準や理想は必要ですが、
簡単に言えばスライスしか打てない人にフックの打ち方を教えることは出来ない筈、
と言うことです。
素振りと実際にボールを打つことは違います。
素振りでスイングプレーンなど見た目を良くしても、
思い通りに打てるとは限りません。

ボールを打つ行為には、
クラブにボールが当たった瞬間に伝わってくる感覚が生まれるからです。
この感覚が非常に大事なのです。
スライス、フック、ダフリ、トップなど上級者になればなるほど
それぞれの感覚を知っています。

もちろんクラブフェイスの芯に当たる感覚も知らなくてはいけません。
これらの感覚をフィードバックさせることでクラブの動かし方が解ってくるのです。
イメージや感覚は、経験しないと共有することは出来ません、
ハンディキャップシングルの人が理解できることは、
ハンディ20以上の人は理解できない事がたくさんあります。

逆に、初心者の人の感覚をシングルの人は覚えていませんから、理解できません。
感覚は忘れますが、失ったら上達は見込めないでしょう。

速効!スライス撲滅プログラム
http://xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/secret-golf.html

それでは、また次号にて!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!

  発行者サイト  : http://www.golfprogress.info/
                   http://ameblo.jp/golfprogress/
  プロから学ぶ  : http://www.golfprogress.info/menu1.html
  飛距離アップ  : http://www.golfprogress.info/swing.html
  アプローチ   : http://www.golfprogress.info/approach.html
  パッティング  : http://www.golfprogress.info/putter.html
  練習法      : http://www.golfprogress.info/practice.html
  週間ランキング: http://www.golfprogress.info/menu3.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



HOME - プロから学ぶ - ジャンル別 - 週間ランキング - 対象商品 - メールマガジン - サイト概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - サイトマップ