ゴルフ上達法について、初心者向けからプロゴルファー作成の上級者向けまで、厳選したランキングでご紹介!!

ゴルフ上達法ランキング

【綺麗なスイングと結果の出るスイング】ゴルフ上達のためのアセット集 第153号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■□ ゴルフ上達のためのアセット集 第153号 □■

	2013年(平成25年) 3月2日 日曜日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんばんわ。
外資系コンサルタントのGolfProgressです。

本メルマガでは、その情報を知ることによって、ゴルフが上達する、
コンサルの世界で『アセット』と呼ばれるノウハウ、コツ、秘訣をご紹介します。

ゴルフ経験14歳から、フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏の協力の元、
日本とフランスのゴルフ事情の違いなども含めた情報も発信してきます。

毎週読んでいただいている方、新しく読者になっていただいた方、
いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■トーナメント中継は目が離せない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
WGCアクセンチュアマッチプレー選手権、
2回戦終了後のインタビューでB.ワトソン選手が言った言葉が
「試合は紙一重だから、勝ち負けを予想する事なんて不可能だからね。」
試合形式は違いますが、USLPGAツアー第2戦ホンダLPGAタイランドの最終日、
18番ホールグリーン上でその言葉を象徴する光景を見ることとなってしまいました。

この試合は2006年からツアー公式戦としてスタート。
本田技研とタイのテレビ局が主催。

初代チャンピオンは韓国のH.ヒウォン選手。
2010年には宮里藍選手がUSLPGAツアー2勝目を飾り、
この年はシーズン5勝の大活躍でした。

今大会、悲劇のヒロインになってしまった、
タイのA.ジュタヌガン選手は1995年生まれの17歳。

2013年レディースヨーロピアンツアーのQTをトップ合格。
デビュー戦のヨーロピアンツアー開幕戦でK.ウェブ選手に次いで2位タイ。
今大会と同じく最終日トップタイで迎え、
スコアを伸ばすことが出来ずにウェブ選手に逆転されました。

ホンダLPGAタイランドは2010年から参戦。
2010年は30位、2011年は8位タイ、
2012年は12位の成績をアマチュアながら納めています。

また、2011年にはU.S女子ジュニアアマで優勝。
今大会は姉で同じツアープレーヤーのモリヤ選手も参戦。
モリヤ選手も妹と共にアマチュア時代から同大会に出場しています。

今大会は59位タイでしたが、オーストラリアン女子オープンでは4位タイに入っています。
モリヤ選手は2013年USLPGAツアーファイナルQTをトップタイで合格。
この姉妹、タイ女子ゴルフ界を背負っていくことには間違いないでしょう。

タイゴルフ界、期待の新鋭は大会2日目に単独2位に浮上。
3日目、最終組のラウンドでは地元のギャラリーと一心同体でのプレー。
ギャラリーはジュタヌガン選手のプレーに一喜一憂して、
ジュタヌガン選手も心から楽しみプレーしているように映りました。

一方、3打差の首位でスタートしたS.ルイス選手はプレー振りが変わってしまいます。
何かがしっくりこないのでしょう。
思うようなショットが打てていないようでした。

初日にフェアウェイを外したのは1ホールだけ、
2日目は2ホール、3日目には5ホールと精度が落ちてきます。

パッティングは初日26パット、2日目30パット、3日目には35パット。
イライラは最高潮でしょう。
ジュタヌガン選手の最終日にも同じような様子が伺えました。
3日目までのフェアウェイキープ率80%以上が最終日は6ホールしかキープできませんでした。
USLPGAがタイで試合を実施するのは今大会のみ、
彼女の主戦場となるヨーロピアンツアーはタイでは試合を実施しません。
地元ギャラリーの期待と声援が大きなプレッシャーとなって乗りかかったのは言うまでもないでしょう。
ゴルフは時に残酷です。
しかし、プレー後のインタビューで涙を必死にこらえて笑顔で受け答えする姿に、
心からプレーを楽しむ彼女に明るい未来が待っているでしょう。

タイのジュタヌガン姉妹の活躍が楽しみです。

【朴仁妃のスイング分析】
http://s-ter.net/business/c/02390.html
▼参考:ゴルフ・ダイジェスト・オンラインより
http://s-ter.net/business/c/01259.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2013/3/2集計の週間ランキングについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のゴルフ上達法の週間ランキングは、以下となります。
http://golfprogress.info/2013/03/02.html

プロ・アマ含め、多くの方が書かれているゴルフ上達法は、
玉石混合(良いものも悪いものもある)ではありますが、
ネット限定販売ならではの書店で得られない貴重な情報が満載です。

▼1位☆☆☆☆☆
7日間シングルプログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

▼2位☆☆☆☆
アイアンショットの極意
http://xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/iron.html

▼3位☆☆☆
ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/golfsp.html

▼4位☆☆
【ゴルフ】ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/golf109102.html

▼5位☆
【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/1jikugolf.html

▼6位以降は、サイトにて公開中。
http://golfprogress.info/2013/03/02.html

●今週の第1位は、
もし5ラウンド以内に80~90にならなければ、全額返金します。
雑誌にも紹介されたベストセラーレッスン。

7日間シングルプログラム	
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■綺麗なスイングと結果の出るスイング、どちらを選びますか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏より、
ゴルフレッスンに関する豆知識やアセットについて紹介しています。

今週TAKU氏の連載第13回目です。

◆綺麗なスイングと結果の出るスイング、どちらを選びますか?

WGCアクセンチュアマッチプレー選手権の決勝戦で戦ったのは
M.クーチャー選手とH.メイハン選手。
そして、3位決定戦で戦ったのが、J.デイ選手とI.ポールター選手。
好き嫌いは別として、両者のスイングは見た目、対照的です。

メイハン選手とデイ選手は無駄な力が入っていないように見える非常にスムーズで、
綺麗なスイング。

一方、クーチャー選手とポールター選手には独特な動きや雰囲気が見られます。
クーチャー選手はフォローで両腕が伸び、
スイングアークの大きいカッコいいスイングとは言い難いスイングです。
ポールター選手はどちらかと言うと、
腕の使い方が大きくバックスイングでの体の回転はいわゆる、
逆ピボット気味になっています。

レッスンではダメだよ、直しなさいと言われてしまう動きをしている彼らは、
世界ランキング8位と10位です。

自分にとって最適なスイングをしている彼らには見た目など関係ないのです。
自分の思ったイメージで動くことが出来、思った球筋が出ればいいのです。
昨年、日本の男子ツアーで賞金王になった藤田選手も個性的なスイングの部類に入るでしょう。

過去にも現在でも個性的なスイングをしている名選手はたくさんいます。
日常生活の歩く動作、階段を上り下りする動作、走る動作など、
本人は無意識で行っていても傍から見れば特徴があると見て取られてしまう事があります。
ゴルフスイングでも日常動作と同じで、
クラブでボールを打つという目的が同じである以上、誰でも同じ動きになります。

そこに、個性(能力)と、筋力、柔軟性などの身体的な差が見た目の動きとなって表れてきます。
走る動作でも100分の1秒を争う短距離走になれば、
筋力や動作で大きく変わってきますので、トレーニングをして、
100分の1秒でも早く走れるように動きの矯正をするわけです。

全てのスポーツで基本と言う概念が存在します。
テニスであればまず、ラケットにボールを当てて前に飛ばさなくてはなりません。
初めてならば、当たらない人もいるでしょう。
当たるようになれば、サーブを打つ場所から相手コートまでの約12メートル、
ネットを越せるようにならなければテニスを楽しむことは出来ません。

手先だけでラケットを振っていては正確に12メートル以上、
約24メートル未満の場所に打つことは出来ないでしょう。

ゴルフも同じです。

ゴルフクラブを使って、自分の狙ったところにボールを打つことが、
そして出来ることが大前提、基本となります。

多くの書籍、テレビやマルチメディアでたくさんのゴルフ情報が氾濫しています。
それだけ、情報を求めている人が多い=ゴルフは難しいと思っている人が多いと言うことなのでしょうか?!
どのジャンルでもいえる事と思いますが、
あらゆる方法を試したけど上手くいかない人とシングルまでなれる人の違いはどこにあるのでしょう?!
考え方の違いで大きな差となって来るのではないでしょうか。

体幹軸スイング
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/heatgolf.html

それでは、また次号にて!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!

  発行者サイト  : http://www.golfprogress.info/
                   http://ameblo.jp/golfprogress/
  プロから学ぶ  : http://www.golfprogress.info/menu1.html
  飛距離アップ  : http://www.golfprogress.info/swing.html
  アプローチ   : http://www.golfprogress.info/approach.html
  パッティング  : http://www.golfprogress.info/putter.html
  練習法      : http://www.golfprogress.info/practice.html
  週間ランキング: http://www.golfprogress.info/menu3.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



HOME - プロから学ぶ - ジャンル別 - 週間ランキング - 対象商品 - メールマガジン - サイト概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - サイトマップ