ゴルフ上達法について、初心者向けからプロゴルファー作成の上級者向けまで、厳選したランキングでご紹介!!

ゴルフ上達法ランキング

【スイングは反動の繰り返し】ゴルフ上達のためのアセット集 第161号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■□ ゴルフ上達のためのアセット集 第161号 □■

	2013年(平成25年) 4月28日 日曜日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
外資系コンサルタントのGolfProgressです。

本メルマガでは、その情報を知ることによって、ゴルフが上達する、
コンサルの世界で『アセット』と呼ばれるノウハウ、コツ、秘訣をご紹介します。

ゴルフ経験14歳から、フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏の協力の元、
日本とフランスのゴルフ事情の違いなども含めた情報も発信してきます。

毎週読んでいただいている方、新しく読者になっていただいた方、
いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ツアープロのあるべき姿とは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ようやく、日本の男子ツアーも開幕戦を迎え
プロ20年目の塚田好宣選手が嬉しい初優勝。

塚田選手の優勝コメントにもありましたが、
次回は是非、アジアンツアーで優勝して国は関係なく試合があるところで戦い、
ツアープロのあるべき姿を見せていただきたいです。

試合では3日目に2位の塚田選手に1打差で単独首位に立った、
上井邦浩選手がツアー初優勝を狙いましたが残念ながら最終日に失速。
2012年にも幾度となく優勝に絡んだ選手。

大阪府出身の32歳。名古屋商科大学時代には世界アマの代表にも選抜されています。
現在は東海クラッシック開催コースの三好C.C所属で、
隣県開催コースでの勝利は多くの地元ファンが待ち望んでいた筈。

温厚で人当たりの良い上井選手、
きっと芹澤選手の元には人柄が良い選手が集まるのでしょう。
今年はスリクソンからホンマへクラブ契約を変更。

いい結果が出る事を期待しましょう。
芹澤軍団と言えば2012年賞金王の藤田寛之選手。
最終日には67で回り、4位タイとなりましたが右脇腹痛が再発した模様。

いままで藤田選手は故障もなく、
この体に産んでくれた両親に感謝しますとコメントしていましたが、
ツアープロにとって故障がもっとも精神的にダメージを与えます。
人一倍練習して、昨年賞金王まで上り詰めた努力家。

プロスポーツ選手に故障は付き物ですが、暖かくなれば状況が変わる事を期待しましょう。
レギュラーツアー最年長優勝記録の更新を期待された57歳の室田淳選手。
塚田選手は、出られる試合に全て出場する室田選手の事を
この人がツアープロと言うと敬意を表していましが、
そんな言葉を象徴する選手が海外にはたくさんいます。

チャンピオンツアーではベルンハルト・ランガー選手が
2月に開催されたACEグルーブクラッシックに次いで、今季2勝目を挙げました。

56歳のランガー選手は今年のマスターズでも1番ホールから3連続バーディで上位に名前が挙がり、予選を2位タイで通過したF.カプルス選手と共にマスターズでは毎年、期待をさせてくれる選手です。
USPGAツアーのヘリテージではG.マクドウェル選手が優勝。
プレーオフでW.シンプソン選手を下しての勝利ですが、
マクドウェル選手とシンプソン選手は共にU.Sオープンチャンピオン。

マクドウェル選手は2010年、シンプソン選手は昨年。
2011年にシンプソン選手はU.Sオープンに初出場し14位タイ、
同じく14位タイとなったのがマクドウェル選手。

昨年のU.Sオープン3日目トップタイとなったのはマクドウェル選手。
最終日73、68で回ったシンプソン選手に逆転されましたが
2位タイでフィニッシュしています。

今年のヘリテージ、最終日のスコアを見てみますと、
風の影響もあり60台で回ったのはマクドウェル選手、
L.ドナルド選手、R.ヘンリー選手の3人だけ、3選手共に69です。

シンプソン選手含め、4選手に共通しているのは
飛距離ではなく難しい状況になると力を発揮すると言う事。

最終日、石川選手は80と大会中最も多く叩いたスコアとなってしまいました。
石川選手の目指す所、決まっているような気がしますが?!

【ウェブ・シンプソンのスイング分析】
http://s-ter.net/business/c/02410.html
▼参考:ゴルフ・ダイジェスト・オンラインより
http://s-ter.net/business/c/01259.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2013/4/27集計の週間ランキングについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のゴルフ上達法の週間ランキングは、以下となります。
http://golfprogress.info/2013/04/27.html

プロ・アマ含め、多くの方が書かれているゴルフ上達法は、
玉石混合(良いものも悪いものもある)ではありますが、
ネット限定販売ならではの書店で得られない貴重な情報が満載です。

▼1位☆☆☆☆☆
7日間シングルプログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

▼2位☆☆☆☆
【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/1jikugolf.html

▼3位☆☆☆
ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/golfsp.html

▼4位☆☆
速効!スライス撲滅プログラム
http://xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/secret-golf.html

▼5位☆
しなり活用!森本式「リズムシンクロ打法」 
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/golf2.html

▼6位以降は、サイトにて公開中。
http://golfprogress.info/2013/04/27.html

●今週の第1位は、
もし5ラウンド以内に80~90にならなければ、全額返金します。
雑誌にも紹介されたベストセラーレッスン。

7日間シングルプログラム	
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■スイングは反動の繰り返し
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏より、
ゴルフレッスンに関する豆知識やアセットについて紹介しています。

今週TAKU氏の連載第21回目です。

◆スイングは反動の繰り返し

ゴルフの経験のない方はゴルフクラブで、
止まっているボールを打つ事の何が難しいのだろうと言います。

ゴルフを始めた他の球技経験者は、
動いているボールを打つ事より止まっているボールを打つ事が、難しいと言います。
レッスン等でも取り上げられる静から動へのきっかけ。
完全に動きが止まってしまえば良くない事は誰が考えても解る事と思います。

ゆっくりとした動作は別として、止まっている状態から大きく動こうとする、
早く動こうとする場合、誰でも何かしら勢いをつけるのではないでしょうか。

歩く動作でも、足だけではなく腕も使って歩きますし、早く歩こうとすれば、
腕の振りも自然に早く大きくなります。

ゴルフではスイングが見た目スムーズで綺麗であればどこにも力が入っていない軽く振っていると見られます。
ツアープロのコメントにも力が抜けてスムーズに振り抜けた。
7割の力で打てた。などのコメントがありますが、鵜呑みにしてしまってはダメです。

力の入れるタイミングを変えているだけで、
決して力を入れていないわけではありません。
力を入れなければ飛距離を得ることなど出来ません。
他のスポーツは外的要因によって力を増幅させることが出来ます。
野球のバッティングであれば対戦ピッチャーの球速を生かすことが出来るでしょう。
また、野球やテニスはスイングスピードに緩急を付ける事が必要とされます。

しかし、ゴルフでは通常のスイングで緩急を付ける事はありません。
必要に応じて、ロブショットで意識的にゆっくり振る事はありますが、
通常のショットではスイングの大きさを変える事はあっても、
緩急を付ける事はありません。

外的要因を利用できないゴルフのスイング動作は動くきっかけを自ら作り、
クラブを早く振る、インパクトでボールに最大限の力を伝える方法を知らねばなりません。
同じ動作をしていれば当然、筋出力が大きい人が飛距離を得ることが出来ます。

しかし、力の入れ方抜き方、タイミング、クラブの使い方で大きく変わります。
常に何かを利用する、反動、反発を利用する。この考えが大事です。
ツアープロのルーティンをよく観察すると、素振りを行う際に構えて、
止まった状態からバックスイングする選手は皆無です。

必ず目標方向にクラブヘッド及びグリップを送り出してから
バックスイングの動作に入ります。

前述したように人は大きい力や早い動作を行う時には
本能で力を出す方向とは逆方向に動き、反動を利用しようとします。

必ず無意識のうちに行っています。
往復素振りや連続素振りはこの反動を利用することにより
体の動きがスムーズに早くなりクラブも自然に早く、スムーズに触れる訳なのです。
少し重いものがより効果的で野球のバットで素振りする事や、
通常のクラブより重い素振り用のクラブで
素振りする事は自然に反動動作を身に付ける事が出来る様になり、
静から動へのきっかけを掴むのに有効でしょう。

速効!ゴルフダウンブロー上達術
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/sgolf3.html

それでは、また次号にて!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!

  発行者サイト  : http://www.golfprogress.info/
                   http://ameblo.jp/golfprogress/
  プロから学ぶ  : http://www.golfprogress.info/menu1.html
  飛距離アップ  : http://www.golfprogress.info/swing.html
  アプローチ   : http://www.golfprogress.info/approach.html
  パッティング  : http://www.golfprogress.info/putter.html
  練習法      : http://www.golfprogress.info/practice.html
  週間ランキング: http://www.golfprogress.info/menu3.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



HOME - プロから学ぶ - ジャンル別 - 週間ランキング - 対象商品 - メールマガジン - サイト概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - サイトマップ