ゴルフ上達法について、初心者向けからプロゴルファー作成の上級者向けまで、厳選したランキングでご紹介!!

ゴルフ上達法ランキング

【バックスイングがミスショット軽減のカギ】ゴルフ上達のためのアセット集 第162号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■□ ゴルフ上達のためのアセット集 第162号 □■

	2013年(平成25年) 5月4日 日曜日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
外資系コンサルタントのGolfProgressです。

本メルマガでは、その情報を知ることによって、ゴルフが上達する、
コンサルの世界で『アセット』と呼ばれるノウハウ、コツ、秘訣をご紹介します。

ゴルフ経験14歳から、フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏の協力の元、
日本とフランスのゴルフ事情の違いなども含めた情報も発信してきます。

毎週読んでいただいている方、新しく読者になっていただいた方、
いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ゴルフゲームのスイッチ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週は日本から世界にビックニュースが届きました。
プロ転向2戦目での初優勝。
その勝ち方はジャンボ尾崎選手の後継者にふさわしい松山英樹選手。

日本の男子ツアー、デビュー戦で最初に優勝したのは倉本昌弘選手。
1981年に後援競技ではありますが、和歌山オープンで優勝。
その後、3戦で優勝2回、2位が1回で、全6勝を挙げて賞金ランク2位となりました。
アマチュア時代に最初に優勝をした選手であり、
当時は優勝してプロテストを免除される規定がなく、
自信の経験から改革を実施して、現在は免除されるようになりました。

もう一人は、中嶋常幸選手の弟、中島和也選手。
1988年の開幕戦で優勝。
しかし、その直後にスイングイップスとなりツアーから姿を消して、
現在はJGTOのツアーディレクターとして活躍されています。

対照的な2選手ですが、松山選手はどんな道を歩むのでしょう?!デビュー元年、
賞金王はあるでしょうか?!

ヨーロピアンツアーでは日本のツアーとは対照的なゲーム展開で優勝が決まりました。
韓国のブラックストーンGCで開催された、
ヨーロピアンツアーとアジアンツアー共催のバランタインチャンピオンシップではプロ転向13年目、
36歳オーストラリア出身のブレット・ラムフォード選手がキャリア4勝目を挙げました。

初優勝は2003年のセントオマールオープン。
翌年にも1勝を挙げ、前回の優勝は2007年でした。
6年ぶりの優勝のプレッシャーだったのでしょうか?!今大会、
4位タイで迎えた最終日は最終組の1組前からのスタート。

フロント9は6バーディ、ノーボギー30の快進撃。
プレーオフで戦ったホワイトフォード選手とはこの時点で2打差。
プレーオフで戦ったもう一人、同組のフレーザー選手も10番でバーディとして2打差。
2打リードのまま迎えた17番でティショットを
ドライバーで打ったラムフォード選手のボールは右サイドの崖下へ。

ダブルボギーとして3選手、11アンダーで並びます。
18番ホールでもラムフォード選手は右のOBゾーンへ、
ボールは出てきてセーフとなりパーを死守し、3選手によるプレーオフへ。

プレーオフ開始までの時間にラムフォード選手はドライバーを調整し、
プレーオフでは素晴らしいドライバーショットでスイッチが入ったのでしょう。
セカンドショットは1,5メートル程に付ける
スーパーショットで勝利を確信したと思います。

松山選手は勝負所の15番でスイッチが入り、
ラムフォード選手は序盤でスイッチが入りましたが、終盤で切れてしまいました。
しかし、プレーオフに向けてドライバーを調整し、
イヤホーンで音楽を聴いていたのでしょうか。
気持ちを切り替えて、見事に勝利を引き寄せました。

USPGAツアーでは気になっていた選手が初優勝しました。
ビリー・ホーシェル選手、27歳。
プロ転向5年目の優勝です。
ヒューストンオープンでは1打差でD.A.ポインツ選手に惜敗。
その後も好調を維持して臨んだ今大会、再びD.A.ポインツ選手と競い合い、
1打差で逃げ切り勝利を手にしました。

スイングリズムが素晴らしい、熱い男。
今後の活躍が楽しみです。

【松山英樹のスイング分析】
http://s-ter.net/business/c/02411.html
▼参考:ゴルフ・ダイジェスト・オンラインより
http://s-ter.net/business/c/01259.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2013/5/4集計の週間ランキングについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のゴルフ上達法の週間ランキングは、以下となります。
http://golfprogress.info/2013/05/04.html

プロ・アマ含め、多くの方が書かれているゴルフ上達法は、
玉石混合(良いものも悪いものもある)ではありますが、
ネット限定販売ならではの書店で得られない貴重な情報が満載です。

▼1位☆☆☆☆☆
7日間シングルプログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

▼2位☆☆☆☆
【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/1jikugolf.html

▼3位☆☆☆
ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/golfsp.html

▼4位☆☆
【ゴルフ】横峯さくら推薦!
女性のためのゴルフレッスンDVD VenusG「Pink x Purple」2巻セット	
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/venus-g.html

▼5位☆
驚異のゴルフ上達法 飛ばしの要諦
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/venus-g.html

▼6位以降は、サイトにて公開中。
http://golfprogress.info/2013/05/04.html

●今週の第1位は、
もし5ラウンド以内に80~90にならなければ、全額返金します。
雑誌にも紹介されたベストセラーレッスン。

7日間シングルプログラム	
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■バックスイングがミスショット軽減のカギ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏より、
ゴルフレッスンに関する豆知識やアセットについて紹介しています。

今週TAKU氏の連載第22回目です。

◆バックスイングがミスショット軽減のカギ

バックスイングがスムーズに行かなければミスをする確率が非常に高くなります。
アスレチックスイングが大ヒットして一躍有名になったデビット・レッドベター氏は、
日本の某雑誌でのインタビューで、未来のスイングについて聞かれ、
バックスイングがなくなると答えていました。

極端な話ですが、レッドベター氏もそれだけバックスイングが
スイング全体に大きく影響をすることを語っていました。

イチロー選手はプロ入りした頃、
振り子打法と言われた右足を振り子のように大きく使ったバッティング。
この動きは前回説明した反動動作です。

子供の頃に、速いボールにコンタクトする方法を
バッティングセンターで培った技術でしょう。

イチロー選手の頭の中には軸と言う考えはないと思います。
左バーターの特性を生かし、
いかに早く1塁ベースに到達するのかを考えた結果のフォームでしょう。
軸を意識して、動きをコンパクトにしろと言う当たり前の知識で、
従来の理論にとらわれた者には理解しがたい考え方で、
実績のない高校球児から世界のイチロー選手になったのです。

イチロー選手の非凡なところは状況に合わせて対応する能力。
大リーグ入りする頃には振り子の動きはなくなり、
構えた時にバットを胸の前で立てた構えから、バットを後ろに引いて寝かせて、
バックスイングを小さくするフォームに変わりました。

筋力アップで体がひとまわり大きくなったこともありますが、
大リーグの投手が投げる球種や、組み立て方に対応した結果でしょう。
イチロー選手はホームランバッターではありませんが、
ヘッドスピードは速いと言われています。
日本のホームランバッターと大リーグのホームランバッターはこの構えに違いがあります。
日本人は体の正面でバットを立てて構え、
大リーガーはイチロー選手同様に手元を後ろに引いてバットを寝かせて構えます。
バックスイングが少なくてもホームランを
打つ術を身に付けているのではないでしょうか。

ゴルフでは横峯さくら選手やジョン・デイリー選手は
バックスイングが大きい飛ばし屋です。
ドラコン選手は別として、今はツアープロで
バックスイング時にクラブを大きく動かす選手は殆どいません。
クラブの進化が大きく影響している事と、
腕の動きを抑えるスイングが主流になっているからです。

レットベター氏は体と腕をシンクロさせ足の動きを抑えて、
上体の回転とI字フィニッシュになる事をアスレチックスイングで言っていましたが、
実践した方は飛距離が落ちてしまった人が多いのではないでしょうか。
腕を使うことは良くない事と提唱するレッスンがアスレチックスイング以降、
多くなりましたがクラブは手で握っている訳ですから、
腕を使わないなんて事はあり得ませんし、
腕を早く振らなければヘッドスピードが速くなる訳がありません。
体の回転をどれだけ速くしても、腕の振りの速さには勝てません。

ドライバーをグリップしただけの状態で、
体だけでスイング動作した時と両足を閉じた状態で
腕だけでスイング動作した時と打ち比べれば理解できると思います。

ロングドライブプログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/uemura-golf.html

それでは、また次号にて!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!

  発行者サイト  : http://www.golfprogress.info/
                   http://ameblo.jp/golfprogress/
  プロから学ぶ  : http://www.golfprogress.info/menu1.html
  飛距離アップ  : http://www.golfprogress.info/swing.html
  アプローチ   : http://www.golfprogress.info/approach.html
  パッティング  : http://www.golfprogress.info/putter.html
  練習法      : http://www.golfprogress.info/practice.html
  週間ランキング: http://www.golfprogress.info/menu3.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



HOME - プロから学ぶ - ジャンル別 - 週間ランキング - 対象商品 - メールマガジン - サイト概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - サイトマップ