ゴルフ上達法について、初心者向けからプロゴルファー作成の上級者向けまで、厳選したランキングでご紹介!!

ゴルフ上達法ランキング

【練習場とコースは何が違う?!】ゴルフ上達のためのアセット集 第163号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■□ ゴルフ上達のためのアセット集 第163号 □■

	2013年(平成25年) 5月12日 日曜日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
外資系コンサルタントのGolfProgressです。

本メルマガでは、その情報を知ることによって、ゴルフが上達する、
コンサルの世界で『アセット』と呼ばれるノウハウ、コツ、秘訣をご紹介します。

ゴルフ経験14歳から、フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏の協力の元、
日本とフランスのゴルフ事情の違いなども含めた情報も発信してきます。

毎週読んでいただいている方、新しく読者になっていただいた方、
いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■チャンスを掴むきっかけ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヨーロピアンツアーとワンアジアツアー共催のボルボ中国オープンでは、
開催前からマスターズに出場したグァン選手のツアー最年少記録を更新した、
12歳のアマチュア選手が話題となりました。

そして、15歳、16歳と中国から3人の若い選手が出場。
中国は本気で、2016年開催のリオオリンピックの金メダルを
狙いに行っているのではないでしょうか。

唯一、予選通過を果たした16歳のドゥ・ゼチェン選手は33位タイでのフィニッシュ。
大会を制したのは2連勝となるB.ラムフォード選手。
6年ぶりの勝利で何が変わったのでしょうか?!今大会は全大会と異なり、
終始落ち着いたプレー振りが目立ちました。

前大会と同じく、前半はノーボギーの33でラウンド。
完璧と言っていい内容でしょう。
ラムフォード選手に1打ビハインドでスタートした、
M.イロネン選手も11番まで同じくノーボギー3バーディで食い下がります。
12番でラムフォード選手がバーディで、その差は2打。

試合後のインタビューでイロネン選手も言っていましたが、
13番からの展開でラムフォード選手は、優勝をグッと引き寄せます。

13、14番で10メートル以上のバーディーパットを決めたラムフォード選手。
対するイロネン選手は13番で1.5メートルほどのパーパットを外し、
続く14番でもボギーとし、その差は6打差。
15番、17番でボギーとしますが、最終18番630ヤード、
Par5のティーショットはロングアイアン。
4打差で逃げ切りました。
好調なパッティングとパーセーブを続けて
相手にプレッシャーを掛けると説明するラムフォード選手。
今大会の優勝でレース・トゥ・ドバイのトップです。

LPGAツアーのキングスミル選手権で優勝したのはベテランのクリスティ・カー選手。
今大会の優勝でキャリア16勝。
プレーオフを戦ったのは今シーズン既に、LPGAツアー1勝、
レディースヨーロッパツアー1勝を挙げ、
ロレックスランキング3位と好調なスーザン・ペターセン選手。

カー選手は今大会前までは、キアクラッシックで
3位タイが最高位であまり好調とは言えませんでした。

カー選手は3日目に単独首位となりましたが、
最終日2打差の2位でスタートしたペターセン選手に並ばれプレーオフに。
このプレーオフ、2選手共に通常ラウンドとは異なる雰囲気となりました。
最終ラウンドを共にプレーしたわけですが、
プレーオフ1ホール目では先にセカンドショットを打ったカー選手がカップの脇をすり抜けて、
奥に2メートル程に付けるスーパーショット。
しかし、軽いスライスラインを外して共にパー。
何かぎくしゃくした雰囲気のまま再度、18番へ。
4日間、18番全てパーとしていたペターセン選手は自ら崩れ、
ボギーとし勝負の決着は付きました。

USPGAツアーでは今シーズン2人目となる、ルーキーの初優勝。
最終日の後半は雨足が強くなりグリーンは重たい状況。
トップを独走していたミケルソン選手は、パッティングで苦しみ優勝を逃しました。
日本では松山選手がスーパールーキーぶりを発揮。

石川選手、発奮材料は揃ったのではないでしょうか。

【松山英樹のスイング分析】
http://s-ter.net/business/c/02411.html
▼参考:ゴルフ・ダイジェスト・オンラインより
http://s-ter.net/business/c/01259.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2013/5/11集計の週間ランキングについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のゴルフ上達法の週間ランキングは、以下となります。
http://golfprogress.info/2013/05/11.html

プロ・アマ含め、多くの方が書かれているゴルフ上達法は、
玉石混合(良いものも悪いものもある)ではありますが、
ネット限定販売ならではの書店で得られない貴重な情報が満載です。

▼1位☆☆☆☆☆
7日間シングルプログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

▼2位☆☆☆☆
ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/golfsp.html

▼3位☆☆☆
【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/1jikugolf.html

▼4位☆☆
しなり活用!森本式「リズムシンクロ打法」 
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/golf2.html

▼5位☆
【ゴルフ】横峯さくら推薦!
女性のためのゴルフレッスンDVD VenusG「Pink x Purple」2巻セット	
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/venus-g.html

▼6位以降は、サイトにて公開中。
http://golfprogress.info/2013/05/11.html

●今週の第1位は、
もし5ラウンド以内に80~90にならなければ、全額返金します。
雑誌にも紹介されたベストセラーレッスン。

7日間シングルプログラム	
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■練習場とコースは何が違う?!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏より、
ゴルフレッスンに関する豆知識やアセットについて紹介しています。

今週TAKU氏の連載第23回目です。

◆練習場とコースは何が違う?!

練習場では安定したショットが打てても、
コースに出た途端に不安定になってしまう悩みを抱えている方は多いと思います。
練習場と違い、コースは不安定な足場が多いのでラウンド中、
下半身を安定しようとする余り、
気付かぬうちに腰が下がり足裏に力が入ってしまって、
練習場での動きが出来なくなってしまいます。

ドライバーで打つティショットでは足がもたついて、
少しの傾斜地でも両足を地面に張り付かせて、
顔と腕とクラブだけが目標に向かってしまっている姿、幾度となく目にします。

わかってはいるけど、と聞こえてきそうですが、
練習場とコースの環境が違い過ぎるが為に起こる事なのです。
レッスンを受講されたことがある読者の方なら、
傾斜地の打ち方を習った経験があると思います。

ダウンヒル、アップヒルはボールの位置を変えて、
重心の位置を変えてなどありますが、コースでいちいち確認していれば、
まずナイスショットは望めません。

構えた時に違和感があるのか、ないのかで判断します。
通常のライに比べて、ボールの位置に違和感がある、スタンス幅に違和感がある、
グリップを持つ長さに違和感がある、右足と左足の体重配分に違和感があるなど、
感じたことに従えば、習わなくとも本能的に変える事なのです。

構えて何も感じなければそのままスイングすればいいのです。
そこで、ボールの位置が違う、重心が違うなど考えてしまったらダメです。
人間は防衛本能や危険を察知する能力がありますので、普段と違うと感じれば、
何かしら体が反応しますので、それに身を任せるのです。
初めは上手くいかないかもしれませんが、ラウンドを重ねるうちに身に付いてきます。

練習場だけで練習していても、スコアアップが望めない事は、誰が考えても解るはずです。

あくまでも傾向ですが、基本を大事にして、
基本を忠実に実行しようとする方は、何度も壁にぶち当たるでしょう。
基本はあくまでも参考で、
後は自分のやりたいようにと考える事が出来る方はそれほど、
同じことの繰り返しで足踏みする事は少ないように感じます。
ゴルフは精神的な部分に左右されると言います。
まずコースでは、試し打ちができません。

1打1打がスコアに大きく左右しますから、慎重になりすぎます。
人が見ているとの思い込みで1番ホールのティショットをミスすれば、
最後まで尾を引く可能性もあります。

ミスする度に、スイングの事を考えて何が悪いのだろうと頭の中が支配し、
迷惑を掛けてはいけないと気持ちが焦ります。誰でも一度は経験する事です。
最初は緊張で思うように体が動かないでしょう。
これらは、経験を積むことによって解消されることが多いでしょう。
スコアを良くするには欲張らずに、何かに特化する事です。
飛ばすことが好きならばドライバーを徹底的に練習して自信を持つ事です。

スコアはアプローチやパターで決まると考えれば
多くの練習をアプローチとパターに費やせればいいのです。
90の壁や、80の壁を破るラウンドは意外と拍子抜けするラウンドになることでしょう。
何が良かったかわからないけど、結果的に壁を突破していたなんて具合に。

速効!スライス撲滅プログラム
http://xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/secret-golf.html

それでは、また次号にて!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!

  発行者サイト  : http://www.golfprogress.info/
                   http://ameblo.jp/golfprogress/
  プロから学ぶ  : http://www.golfprogress.info/menu1.html
  飛距離アップ  : http://www.golfprogress.info/swing.html
  アプローチ   : http://www.golfprogress.info/approach.html
  パッティング  : http://www.golfprogress.info/putter.html
  練習法      : http://www.golfprogress.info/practice.html
  週間ランキング: http://www.golfprogress.info/menu3.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



HOME - プロから学ぶ - ジャンル別 - 週間ランキング - 対象商品 - メールマガジン - サイト概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - サイトマップ