ゴルフ上達法について、初心者向けからプロゴルファー作成の上級者向けまで、厳選したランキングでご紹介!!

ゴルフ上達法ランキング

【スイングプレーンを意識すれば上達するのか?!】ゴルフ上達のためのアセット集 第165号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■□ ゴルフ上達のためのアセット集 第165号 □■

	2013年(平成25年) 5月26日 日曜日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんばんわ。
外資系コンサルタントのGolfProgressです。

本メルマガでは、その情報を知ることによって、ゴルフが上達する、
コンサルの世界で『アセット』と呼ばれるノウハウ、コツ、秘訣をご紹介します。

ゴルフ経験14歳から、フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏の協力の元、
日本とフランスのゴルフ事情の違いなども含めた情報も発信してきます。

毎週読んでいただいている方、新しく読者になっていただいた方、
いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■日本人選手の今後は?!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週は、日本人選手に深く関わりのあるトーナメントが開催されました。
USPGAツアーは、1944年から開催されているバイロンネルソンチャンピオンシップ。
大会当初はダラスオープンとして始まり、第1回優勝は、
現大会冠名となっているバイロン・ネルソン氏。

第2回、3回大会ではライバルであった
サム・スニード氏、ベン・ホーガン氏が優勝を飾っています。
そして、2002年には丸山茂樹選手が、2001年の初優勝に次ぐ2勝目を挙げた大会です。
この大会が、ウッズ選手を始め強豪選手が出場する大会であった事。
日本人初のUSPGAツアー2勝目であった事が、丸山選手の実力を証明した勝利でした。

ヨーロピアンツアーでは、ワールドマッチプレーチャンピオンシップが開催。
1964年にエージェント企業である、
IMG創始者マーク・マコーマック氏の提案でスタート。
第1回優勝者は、マコーマック氏、最初の顧客となったアーノルド・パーマー氏。
1978年には、この歴史あるマッチプレーチャンピオンシップで青木功氏が優勝。
国際舞台での日本人選手の初優勝。
開催コースがイギリスの名門ウェントワースクラブである事。
過去に5度の勝利を重ねた、ゲーリー・プレーヤー氏から勝利した事。
改めて青木氏の偉大さを認識されます。

マッチプレーチャンピオンシップは長らくウェントワースで行われていましたが、
2009年に現在の冠スポンサーであるボルボがスポンサーとなり、
舞台はスペインに移されました。
そして今シーズンは、ヨーロピアンツアー初開催国となるブルガリアでの開催。
何とも素晴らしい景観の中、24名の選ばれし精鋭が戦いに挑みました。
決勝で戦ったのは、グレイム・マクドウェル選手とトンチャイ・ジェイディ選手。
序盤は2番で、長いバーディパットを決めたジェイディ選手が先制。

ジェイディ選手2upで中盤へ、
7番Par3でマクドウェル選手が2m程のフックラインを決めて、1up。
そこからは、こう着状態が続き、12番Par5でオールスクエアに。
終盤の14番で、ティーショットをフェアウェイウッドで
左のブッシュに打ち込んだジェイディ選手。
ここで、このマッチ初めてのリードを許してしまいます。
続く15番でも、2m程のフックラインを決めて2upとしたマクドウェル選手。
必死で食らいつくジェイディ選手でしたが、
17番の50cm程のパーパットで勝負は終わりを迎えました。

青木功氏に次ぐ、アジア人2人目の快挙とはなりませんでしたが、
近年のタイ選手の活躍には、目を見張るのではないでしょうか。
JLPGAツアーでは、O.サタヤ選手が、タイ選手初優勝。LPGAツアーでは、
前週の大会から出場しているA.ジュタヌガン選手が、3位タイ、4位タイと大健闘。
2012年にLPGAツアーで初優勝を挙げた、
P.ファトラム選手がモバイルベイクラッシックで、
最終日に63で回り2位タイとなっています。

そして、日本ツアーでも活躍した、
K.アフィバーンラト選手もマッチプレーチャンピオンシップに参戦していました。
韓国選手に次いで、タイ選手が世界で活躍を見せ始めました。
韓国選手同様、世界に目を向けるタイ選手、今後、
世界のツアーで台風の目となる事でしょう。

【松山英樹のスイング分析】
http://s-ter.net/business/c/02411.html
▼参考:ゴルフ・ダイジェスト・オンラインより
http://s-ter.net/business/c/01259.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2013/5/25集計の週間ランキングについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のゴルフ上達法の週間ランキングは、以下となります。
http://golfprogress.info/2013/05/25.html

プロ・アマ含め、多くの方が書かれているゴルフ上達法は、
玉石混合(良いものも悪いものもある)ではありますが、
ネット限定販売ならではの書店で得られない貴重な情報が満載です。

▼1位☆☆☆☆☆
7日間シングルプログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

▼2位☆☆☆☆
ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/golfsp.html

▼3位☆☆☆
【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/1jikugolf.html

▼4位☆☆
しなり活用!森本式「リズムシンクロ打法」 
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/golf2.html

▼5位☆
驚異のゴルフ上達法
http://xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/1jikugolf2.html

▼6位以降は、サイトにて公開中。
http://golfprogress.info/2013/05/25.html

●今週の第1位は、
もし5ラウンド以内に80~90にならなければ、全額返金します。
雑誌にも紹介されたベストセラーレッスン。

7日間シングルプログラム	
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■スイングプレーンを意識すれば上達するのか?!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏より、
ゴルフレッスンに関する豆知識やアセットについて紹介しています。

今週TAKU氏の連載第25回目です。

◆スイングプレーンを意識すれば上達するのか?!

机上の理論ではスイングプレーン及びクラブヘッド軌道に、
インパクトでのフェイスアングルの組み合わせで、打ち出された弾道の方向が決定します。

見た目のスイングにも、その傾向は現れます。
スライス系の弾道の人と、フック系の弾道の人はそれなりに違いがあります。
簡単ではありませんが、スライス系のスイング動作をしている方を、
フック系のスイング動作にすることは可能です。

スイング動作は、体幹の動きと腕の動きの組み合わせによって行われます。
レッスンでは、動きを分けて説明をします。
大別すれば、上体の動き、下半身の動き、肘の動き、手首の動き、前腕の動きとなります。
そして、それぞれの動きが連動してスイング動作となる訳ですが、
それぞれの動きによってクラブの動きが変化し、弾道が変化します。
レッスンでは経験と机上の知識で、受講される方へ、
最適なアドバイスをするわけですが、当然、経験の差と視点の違いでアドバイスが変わってきてしまいます。

スライスを直したい受講者の方のスイングを見て、
ダウンスイングのプレーンは問題ないが、
フォロースルーのプレーンが良いとされるプレーンより、
横になって外れている事が解りました。

そこで、単純にアウトサイドインのカット打ちになっているので、
スイングプレーンを意識するように、フォローでクラブヘッドを、
目標ラインより右サイドにクラブを放り投げる感じで両腕を伸ばすようにアドバイス。
さらに、シャフトがフォローでプレーンから外れているので、
もっと地面に対して垂直になる意識をしましょう、とアドバイスしたとします。
この様なアドバイスを受ければ、一生懸命、腕を伸ばしてクラブを外に放り投げる様に練習します。一時期的にスライスは軽減されるでしょう。
しかし、この方は元々、インパクトでクラブフェイスをクローズにしながら、
ボールにコンタクトするイメージが強い為にボールが左に低く飛び出します。
打点の位置が安定せず、中心より先に当たれば左に、ヒールに当たればスライス回転。
スイングプレーンを意識する事より、
フェイスを被せてインパクトするイメージを変えない限り
同じことの繰り返しになってしまいます。

見た目のスイングプレーンやクラブヘッド軌道が良くても、
上手く打てない方はたくさんいます。
その逆の方もいます。
スイングプレーンやクラブヘッド軌道は、スイングを見る側が参考にすることで、
スイングを行う側は、ボールが右や左に行くのは、
クラブをボールに対してどのように動かすのか?!ボールが右に行く動きとは、
どのような動きをしているのか?!右に行く時と左に行く時のクラブの動きの違いと、
体の動きの違いはどこにあるのか?!このような考え方をしていかなければ上達は難しいでしょう。

イメージはなかなか、他人には伝わりにくいです。
周りに似た動きをしている人がいるならば、どのようなイメージで、
スイングしているのか聞くのもいいと思います。

表現の違いこそあれ、同じイメージだったりするものです。

速効!スライス撲滅プログラム	
http://xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/secret-golf.html

それでは、また次号にて!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!

  発行者サイト  : http://www.golfprogress.info/
                   http://ameblo.jp/golfprogress/
  プロから学ぶ  : http://www.golfprogress.info/menu1.html
  飛距離アップ  : http://www.golfprogress.info/swing.html
  アプローチ   : http://www.golfprogress.info/approach.html
  パッティング  : http://www.golfprogress.info/putter.html
  練習法      : http://www.golfprogress.info/practice.html
  週間ランキング: http://www.golfprogress.info/menu3.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



HOME - プロから学ぶ - ジャンル別 - 週間ランキング - 対象商品 - メールマガジン - サイト概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - サイトマップ