ゴルフ上達法について、初心者向けからプロゴルファー作成の上級者向けまで、厳選したランキングでご紹介!!

ゴルフ上達法ランキング

【なぜ、イメージが大切なのか?!】ゴルフ上達のためのアセット集 第166号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■□ ゴルフ上達のためのアセット集 第166号 □■

	2013年(平成25年) 6月2日 日曜日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
外資系コンサルタントのGolfProgressです。

本メルマガでは、その情報を知ることによって、ゴルフが上達する、
コンサルの世界で『アセット』と呼ばれるノウハウ、コツ、秘訣をご紹介します。

ゴルフ経験14歳から、フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏の協力の元、
日本とフランスのゴルフ事情の違いなども含めた情報も発信してきます。

毎週読んでいただいている方、新しく読者になっていただいた方、
いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■勝者の共通点
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
チャンピオンズツアーのメジャー、シニアPGAチャンピオンシップで井戸木鴻樹選手が、
最終日6バーディ、ノーボギーで回り優勝。

初日71、2日目69、3日目68と尻上がりにスコアを伸ばし、5位タイで迎えた最終日。
トップのケニー・ペリー選手とは5打差。
レギュラーツアー14勝、チャンピオンズツアー2勝のペリー選手はメジャー未勝利。
日本のレギュラーツアー2勝、シニア1勝。
初めてのアメリカ、初めてのチャンピオンズツアー参戦。
3日目トム・ワトソン選手とのペアリングでも気負うことなく、
いつもの自分を最終日、最終ホールまで貫いた末の勝利。

2002年全英シニアオープンで、日本人シニアメジャー初勝利したのは、須貝昇プロ。
しかし、全英シニアがメジャーに昇格したのは翌年から、
今回日本人メジャー初優勝と報道されていますが、全英シニアを完全優勝した、
須貝プロの功績も合わせて、報道すべきと思いますが、どうでしょうか。

JLPGAツアーの中京テレビ・ブリヂストンレディースで、
ピンクのトヨタクラウンを手にしたのは、森田理香子選手。
開幕戦を制してから、思うようなゴルフが出来ていなかったみたいですが、
今大会の勝ち方は、森田選手の成長と今後、
さらに強くなる事を予感させる勝ち方だったのではないでしょうか。

最後まで諦めることなく、終始前向きな、顔つきでした。
反対に大山選手の表情は、終始冴えませんでした。この違い、大きいと思います。
ヨーロピアンツアーでは、BMW PGA チャンピオンシップがイングランドの名門、
ウェントワースクラブで開催。

優勝は、イタリア出身のマッテオ・マナセロ選手。
アマチュア時代からメジャー大会で活躍した、20歳。
初優勝はプロ転向の2010年。
2011年、2012年と毎年1勝を挙げています。

スペイン、マレーシア、シンガポールで勝利し、
PGAチャンピオンシップと言う歴史ある大会、イングランドでの優勝は、
価値のある勝利と思います。

18番Par5で、3人によるプレーオフとなりましたが、
1回目はアイアンからフェアウエイウッドに持ち替えた、
マーク・ウォーレン選手が右の林に打ち込みOB。

1回目にドライバーでティショットした、
サイモン・カーン選手は2回目以降、3番ウッドでティショット。

プレーオフは4回目にマナセロ選手がバーディで決着しましたが、
マナセロ選手は使用クラブ、攻め方、弾道が全て同じ。

全くの迷いがなく、堂々と、
まるでチャンスが来るのを待っていたかのような戦いぶりでした。
ティショットは落下地点のボールの跳ね方で、セカンド地点が変わってきます。

フェアウエイが左に傾斜しているのでしょう、
3選手共に右サイドを狙ってのティショット。
セカンドショットは、マナセロ選手が1回目2回目共に、
グリーン手前、3回目は右サイドのバンカー。カーン選手は2回続けて、
グリーン奥にこぼしてしまいます。

4回目のセカンドショットは、それを避けたかったのでしょう。
ショートしてグリーン手前のクリークへ。
マナセロ選手は、同じ攻め方を繰り返し、4度目に2オンを成功させ勝利を決めました。
今回勝利した、3人の選手に共通していたのは自分のゴルフを知り、
貫いた結果の勝利ではないでしょうか。

【マッテオ・マナッセロのスイング分析】
http://s-ter.net/business/c/02414.html
▼参考:ゴルフ・ダイジェスト・オンラインより
http://s-ter.net/business/c/01259.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2013/6/1集計の週間ランキングについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のゴルフ上達法の週間ランキングは、以下となります。
http://golfprogress.info/2013/06/01.html

プロ・アマ含め、多くの方が書かれているゴルフ上達法は、
玉石混合(良いものも悪いものもある)ではありますが、
ネット限定販売ならではの書店で得られない貴重な情報が満載です。

▼1位☆☆☆☆☆
7日間シングルプログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

▼2位☆☆☆☆
【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/1jikugolf.html

▼3位☆☆☆
世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!
http://s-ter.net/business/c/02415.html

▼4位☆☆
ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/golfsp.html

▼5位☆
【ゴルフ】横峯さくら推薦!女性のためのゴルフレッスンDVD 
VenusG「Pink x Purple」2巻セット
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/golfsp.html

▼6位以降は、サイトにて公開中。
http://golfprogress.info/2013/06/01.html

●今週の第1位は、
もし5ラウンド以内に80~90にならなければ、全額返金します。
雑誌にも紹介されたベストセラーレッスン。

7日間シングルプログラム	
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■なぜ、イメージが大切なのか?!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏より、
ゴルフレッスンに関する豆知識やアセットについて紹介しています。

今週TAKU氏の連載第26回目です。

◆なぜ、イメージが大切なのか?!

体幹の動きは、体の中心を中心軸とした場合、
クラブヘッドがボールの位置を始点として、円を描く様な動きになります。
腕の動きはグリップを支点としてクラブヘットを振り子運動させます。

腕を使わずに体幹のみ回転すれば、クラブヘッドは地面から離れません。
腕を使うことによってクラブヘッドは地面から離れていき、
ボールに対して打撃角度を作るのです。

このクラブヘッドの打撃角度を作る事が、ボールを地面から浮かして、
前に飛ばす事の条件となります。

ボールを遠くに飛ばす要因は、クラブを振る速さ以外には、
大まかに言うと、クラブヘッドのロフト角度とクラブの長さで決まります。

ヘッドスピードは、スポーツ経験の有無、筋出力、
柔軟性などの要因で決定されますので、すぐに速くすることは困難です。
ヘッドスピードだけではなく、打ち方で飛距離は、大きく変わってきます。
飛距離を伸ばす的なレッスンで、30ヤード以上伸ばします。
みたいなキャッチコピーがありますが、あながち間違ってはいないでしょう。

打点の位置を安定させることも、ヘッドスピードを上げることぐらい、難しい事ですが、
打撃角度及び、ロフト角度で飛距離は変わってくる事を理解しましょう。

アイアンで、クラブの番手ごとに、飛距離が変わらない方は、
インパクトのロフト角度に大きな問題があります。
構えた時のロフト角度よりロフトが増して、
インパクトしていると適正な高さと、飛距離が出ません。
練習場のマットはヘッドが滑りますので、認識しづらいですが、
コースに行けば、顕著に表れる事でしょう。

ゴルフボールが地面にあり、アイアンヘッドの視覚イメージから、
初めてクラブを持った人はボールをすくい上げようとします。

クラブヘッドのロフト角度が、
ボールを上げるイメージをなかなか持つことが出来ません。
何も教えなければまず、グリップは右打ちの方であれば、
右手のひらを空に向けて持ち、腕が主体となり、
ロフトを増してすくい上げて飛ばそうとしてしまいます。

大人でも子供でも、ほとんどの方が同じです。
このイメージがいつまでもあれば、体の動きが良くなったとしても、
クラブの性能を生かすことが出来ません。

クラブヘッドのロフト角度を立てる動きは、地面にあるボールに対して、
クラブヘッドをどこから下すことで出来るのか、イメージするのです。
クラブを上げて下す動作は、体ではなく腕で行う動作です。

腕を速く下さなければ、クラブのスピードは速くはなりません。
腕を速く下すために、体を使うのです。
ここを勘違いしてしまうと、腕だけで、速く下そうとしてしまいます。
すくい上げるイメージでは、打撃角度は緩やかになってしまいます。
インパクトでは、クラブロフトが立ちながら、ボールに当たる事が必要で、
クラブヘッドが円を描くイメージがあると、
反対にロフトが増しながらインパクトします。

最短に直線的に動かすイメージを持つことが出来れば、
理想的な打撃角度を手に入れることが出来るでしょう。
見た目と実際の動きの違いは、結果が教えてくれます。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法
http://s-ter.net/business/c/02416.html

それでは、また次号にて!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!

  発行者サイト  : http://www.golfprogress.info/
                   http://ameblo.jp/golfprogress/
  プロから学ぶ  : http://www.golfprogress.info/menu1.html
  飛距離アップ  : http://www.golfprogress.info/swing.html
  アプローチ   : http://www.golfprogress.info/approach.html
  パッティング  : http://www.golfprogress.info/putter.html
  練習法      : http://www.golfprogress.info/practice.html
  週間ランキング: http://www.golfprogress.info/menu3.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



HOME - プロから学ぶ - ジャンル別 - 週間ランキング - 対象商品 - メールマガジン - サイト概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - サイトマップ