ゴルフ上達法について、初心者向けからプロゴルファー作成の上級者向けまで、厳選したランキングでご紹介!!

ゴルフ上達法ランキング

【気持ちよくスイングして、ボール打っていますか?!】ゴルフ上達のためのアセット集 第169号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■□ ゴルフ上達のためのアセット集 第169号 □■

	2013年(平成25年) 6月23日 日曜日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
外資系コンサルタントのGolfProgressです。

本メルマガでは、その情報を知ることによって、ゴルフが上達する、
コンサルの世界で『アセット』と呼ばれるノウハウ、コツ、秘訣をご紹介します。

ゴルフ経験14歳から、フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏の協力の元、
日本とフランスのゴルフ事情の違いなども含めた情報も発信してきます。

毎週読んでいただいている方、新しく読者になっていただいた方、
いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■スコアが左右するのは?!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ゴルフゲームと言うのは、
設定でこんなにもスコアに影響するのでしょうか?!

メリオンゴルフクラブで、最初に選手権が開催されたのは、
1904年のU.S女子アマチュア選手権。1912年にU.Sオープン選手権が開催された、
東コースがオープン。東コースで初めて選手権が開催されたのは、1916年のU.Sアマチュア選手権。現在までに、6回のU.Sアマ、4回のU.S女子アマ、
今年で5回目のU.Sオープンの開催となりました。

メリオンで初めて、U.Sオープンが開催されたのは、1934年。
優勝スコアは13オーバー。第2回目は、1950年に開催。
優勝したベン・ホーガン氏を含め3人によるプレーオフ。最終スコアは7オーバー。
3回目は1971年、優勝したのはリー・トレビノ氏。
ジャック・ニクラウス氏とのプレーオフを制しての優勝。

コース全長は、今大会より400ヤードほど短い、
6,544ヤードの設定で最終スコアは、イーブンパーでした。
4回目が1981年で、優勝はオーストラリア人として、
U.Sオープンを初制覇したデビット・グラハム氏。
優勝スコアは7アンダーとなり、この優勝スコアが、今回5回目の開催に当り、
30年以上の月日を要し、今回で最後のメリオンでの開催になるのでは?!
との憶測となったのでしょう。

トーナメント会場を決めるのは、コースの難易度だけではないでしょう。
USGAには、何項目も判断基準があると思います。
今回メリオンでの開催に当り、メリオン側は周辺用地の買収をしたと報道がありました。
コース全長だけではなく、トーナメント会場としての機能が、
以前は不十分だったのでしょう。コース全長は、6,996ヤードまで延ばされましたが、
大会前予想の優勝スコアは、多くの人がアンダー予想だったと思います。

今はコースの難易度が、飛距離重視の傾向にある時代。
しかし、今大会は、USGAのコースセッティングの旨みに感心させられました。
映像やレイアウト図でしか判断できませんが、
メリオンのグリーンやアプローチゾーンは、
オーガスタナショナルと似ているように感じました。

アプローチゾーンはグリーンと同様に刈り込まれ、
ローラーによって硬く仕上げられていました。
グリーンは、ストレートラインなど存在しないかと思わせる程、
1メートル程でも油断できない感じでした。
いい素材に、いい仕上げを実施して、プレーヤーや観る者を、
感動させることが出来る舞台を作り上げたと思います。

最高の舞台で、最高の選手が勝利しました。
若干17歳で、全英オープンにて、優勝争いを演じたジャスティン・ローズ選手は、
10代でのプロ入り選手の先駆けと言っていいでしょう。
同じ歳で、19歳でプロ入りしたセルヒオ・ガルシア選手とは対照的に、
プロ入り後低迷。ローズ選手の存在は薄れていきました。
プロ入り後の初優勝は、4年後の2002年。生まれ故郷の南アフリカでの逆転勝利。
2007年にはヨーロピアンツアー賞金王となり、
2004年から本格参戦したUSPGAツアーでは、2010年に初優勝。
2012年にWGC初勝利。
一度忘れ去られ、その後、着実に1歩1歩階段を上って行ったローズ選手。
15年後に、再びメジャーの舞台で、輝きを取り戻すことが出来ました。

【ジャスティン・ローズのスイング分析】
http://s-ter.net/business/c/02421.html
▼参考:ゴルフ・ダイジェスト・オンラインより
http://s-ter.net/business/c/01259.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2013/6/22集計の週間ランキングについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のゴルフ上達法の週間ランキングは、以下となります。
http://golfprogress.info/2013/06/22.html

プロ・アマ含め、多くの方が書かれているゴルフ上達法は、
玉石混合(良いものも悪いものもある)ではありますが、
ネット限定販売ならではの書店で得られない貴重な情報が満載です。

▼1位☆☆☆☆☆
7日間シングルプログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

▼2位☆☆☆☆
ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/golfsp.html

▼3位☆☆☆
【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/1jikugolf.html

▼4位☆☆
世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!
http://s-ter.net/business/c/02415.html

▼5位☆
アプローチの真髄
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/sgolf3.html

▼6位以降は、サイトにて公開中。
http://golfprogress.info/2013/06/22.html

●今週の第1位は、
もし5ラウンド以内に80~90にならなければ、全額返金します。
雑誌にも紹介されたベストセラーレッスン。

7日間シングルプログラム	
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■気持ちよくスイングして、ボール打っていますか?!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏より、
ゴルフレッスンに関する豆知識やアセットについて紹介しています。

今週TAKU氏の連載第29回目です。

◆気持ちよくスイングして、ボール打っていますか?!

直径約4センチのゴルフボールを、
クラブフェイスの小さなスィートスポットに当てなければ、
気持ちいい打感を味わう事の出来ないゴルフ。

初心者でも、スィートスポットに当たれば気持ちよく感じます。
そして、その快感が忘れる事が出来ずに、いつの間にか、
ゴルフの虜になってしまいます。

上達度合を知る指標に、打点位置の正確性があります。
初めは色々な所に当たりますから、自然にグリップに力が入ってしまいます。
スィートスポットを外せば、クラブヘッドが大きく動き、
シャフトがねじれ、グリップが振動して、手に不快感が伝わってきます。
当然、それを繰り返せば、知らず知らずにグリップに力が入り、
やがて体全体に力が入ってしまいます。

特に、男性の方に多いのですが、練習で暑くもないのに、
やたらに汗をかいてボールを打っている人を見かけます。
体質もあるかもしれませんが、ゴルフスイングはそこまで、
運動量が多い動きではありません。

瞬間的な力は必要ですが、持続する力は必要ありません。
クラブは振る意識が強いと、腕でクラブスピードを上げようとしてしまいます。
振る意識と打つ意識、何がどのように違うのでしょう?!
パッティングで説明しますと、
振り幅で距離を変えるストローク式と打つ強さで距離を変えるタップ式。

前者がレッスンで推奨される方法です。
ストローク式は振り幅による距離の違いを把握して、コースで応用します。
一方、タップ式は感覚が重視されます。
どちらが、レッスンを受けて理解できるかは、誰が考えても解ると思います。
しかしです。ここに落とし穴が潜んでいます。
1メートルはこれくらい、4メートルはこれくらいと考えて、
ストローク幅ばかりに気を取られてしまうと、
肝心のインパクトがなくなってしまいます。

ツアープロの映像を観察すると気付くのですが、
パッティングの名手はボールを打っています。
例えば、T.ウッズ選手。
ウッズ選手のパッティングは、
タップ式を代表する青木功氏の方法とは明らかに違いますが、
インパクトがしっかり見て取れます。
手首を使った方法ではありませんが、
パターヘッドでボールをしっかりと打っています。

パッティングの苦手な方は、ストローク幅にこだわり、
インパクトが強くありませんから、ボールの転がりも悪く、
ショートパットでラインに影響を受けてしまう、
ロングパットの距離感が一定しなどの事を繰り返します。

この事は、アプローチにも同じことが言えます。
レッスンでアプローチを7時から5時、8時から4時、9時から3時と、
スイング幅で距離を変える方法は、教える側の教えやすい方法であって、
コースでは全く通用しません。

コースでは距離から、スイング幅をイメージしなければ上手くはいかないでしょう。
落とし場所を明確にして、弾道をイメージ、そしてスイング幅をイメージ、
後は体が反応する事です。この距離の、スイング幅はここまでと、
頑なにこだわる事は上達を妨げます。
練習場と違い、コースは色々な条件で変わってきます。
状況判断とボールを打つ事を忘れない事が、上達のコツです。

しなり活用!森本式「リズムシンクロ打法」 
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/sgolf3.html

それでは、また次号にて!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!

  発行者サイト  : http://www.golfprogress.info/
                   http://ameblo.jp/golfprogress/
  プロから学ぶ  : http://www.golfprogress.info/menu1.html
  飛距離アップ  : http://www.golfprogress.info/swing.html
  アプローチ   : http://www.golfprogress.info/approach.html
  パッティング  : http://www.golfprogress.info/putter.html
  練習法      : http://www.golfprogress.info/practice.html
  週間ランキング: http://www.golfprogress.info/menu3.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



HOME - プロから学ぶ - ジャンル別 - 週間ランキング - 対象商品 - メールマガジン - サイト概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - サイトマップ