ゴルフ上達法について、初心者向けからプロゴルファー作成の上級者向けまで、厳選したランキングでご紹介!!

ゴルフ上達法ランキング

【ゴルフスイングは本当に回転運動なのか?!】ゴルフ上達のためのアセット集 第172号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■□ ゴルフ上達のためのアセット集 第172号 □■

	2013年(平成25年) 7月14日 日曜日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
外資系コンサルタントのGolfProgressです。

本メルマガでは、その情報を知ることによって、ゴルフが上達する、
コンサルの世界で『アセット』と呼ばれるノウハウ、コツ、秘訣をご紹介します。

ゴルフ経験14歳から、フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏の協力の元、
日本とフランスのゴルフ事情の違いなども含めた情報も発信してきます。

毎週読んでいただいている方、新しく読者になっていただいた方、
いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■100年の歴史
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヨーロピアンツアーのアルストム・オープン・ドゥ・フランスでは、
グレーム・マクドウェル選手が今シーズンのヨーロピアンツアーで、
2勝目を挙げました。

マクドウェル選手は、今シーズンここまで、ヨーロピアンツアーでは4戦出場中、
2勝と予選落ちが2戦。
4月に開催された、USPGAツアーのヘリテージでプレーオフを制し、
5月に開催されたマッチプレーチャンピオンシップでも優勝。
予選落ちか、優勝と言う状況ですが、
自身初のヨーロピアンツアー賞金王も十分可能な状況ではないでしょうか。

オープン・ドゥ・フランスはヨーロッパ大陸で最初に始まった、
ナショナルオープントーナメント。
1906年にパリ郊外のゴルフ・ドゥ・ラ・ブリィで開催。
ラ・ブリィのコース設計は1860年第1回全英オープン優勝者ウィリー・パーク氏の息子であるウィリー・パークジュニア氏。
1990年までラ・ブリィを中心に複数のコースで開催されていましたが、
1991年から現在開催コースのル・ゴルフナショナルでほぼ固定されています。
ル・ゴルフナショナルは1990年にフランスゴルフ連盟が設立。
フランスゴルフ連盟は、2018年のライダーカップ招致に初めて成功。
フランス国内では、国民的スポーツにしようと、ゴルフ連盟は力を入れています。
ライダーカップに向けて、コース整備は順調の模様。
今年、マクドウェル選手をはじめ、参加選手からは絶賛の声が上がっていました。
マクドウェル選手は、
上がりの数ホールはツアーで開催されるコースの中で一番難しいとコメントしていました。
今回の優勝スコアは9アンダー。2010年までの優勝スコアは2桁アンダーでしたが、
2011年以降は1桁に留まっています。
ライダーカップ開催まで、残り約5年。
今後、大きなコース改修はあるのか?!注目したいと思います。

最終日はマクドウェル選手とリチャード・スターン選手が同スコアで最終組スタート。
前半は両者ともにスコアを伸ばし、10番まではがっぷり四つの状態。
マクドウェル選手は、難しい上りホールで我慢する事が、
勝負を決めると解っていたのでしょう。
運を引き寄せて、我慢した結果、バック9をノーボギー、
2バーディで回ったマクドウェル選手。

フロント9はノーボギーだったが、バック9で3ボギー、
ノーバーディとなったスターン選手。
年齢が近い両選手は、ラウンド中会話をしながらのプレーでしたが、
勝利への執念の差が、結果となったのでしょう。
USPGAツアーのグリーンブライアークラシック開催コースは、
1914年オープンのオールドホワイトTPC。
約100年の歴史あるコースは、
フィル・ミケルソン選手の苦手コースとして有名となっていますが、
長方形のバンカーとグリーンが、風変わりなコースです。

1979年にはライダーカップが開催されたコースですが、2010年の第1回大会では、
スチュワート・アップルビー選手が最終日59ストロークで回り逆転優勝。
ミケルソン選手は、2011年から参戦していますが、3年連続の予選落ち。
2日目は、初めて60台で回りました。

コースによりスコアが左右される事は、誰にでもある事なのでしょう。

【フィル・ミケルソンのスイング分析】
http://s-ter.net/business/c/02427.html
▼参考:ゴルフ・ダイジェスト・オンラインより
http://s-ter.net/business/c/01259.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2013/7/13集計の週間ランキングについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のゴルフ上達法の週間ランキングは、以下となります。
http://golfprogress.info/2013/07/13.html

プロ・アマ含め、多くの方が書かれているゴルフ上達法は、
玉石混合(良いものも悪いものもある)ではありますが、
ネット限定販売ならではの書店で得られない貴重な情報が満載です。

▼1位☆☆☆☆☆
7日間シングルプログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

▼2位☆☆☆☆
ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/golfsp.html

▼3位☆☆☆
【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/1jikugolf.html

▼4位☆☆
世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!
http://s-ter.net/business/c/02415.html

▼5位☆
【ゴルフ】横峯さくら推薦!女性のためのゴルフレッスンDVD 
VenusG「Pink x Purple」2巻セット	
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/venus-g.html

▼6位以降は、サイトにて公開中。
http://golfprogress.info/2013/07/13.html

●今週の第1位は、
もし5ラウンド以内に80~90にならなければ、全額返金します。
雑誌にも紹介されたベストセラーレッスン。

7日間シングルプログラム	
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ゴルフスイングは本当に回転運動なのか?!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏より、
ゴルフレッスンに関する豆知識やアセットについて紹介しています。

今週TAKU氏の連載第32回目です。

◆ゴルフスイングは本当に回転運動なのか?!
ゴルフスイングを形容する表現で、回転運動が良く使われますが、
果たしてどうなのでしょうか?!フィギアスケートの回転、独楽の回転、
ハンマー投げの回転などに例えて、説明する人もいます。

しかし、これらの動きとは、ゴルフのスイング動作は全く異なるでしょう。
回転運動と形容するには回転が少なすぎます。
ボールを遠くに飛ばすには、クラブヘッドのスピードが必要です。
ヘッドスピードを得るには、体の軸を意識して、その場で早く回る。
体幹を速く回せば、腕は早く振れる。言葉で言い表すほど、簡単ではありません。
ボールを打つ時、普通は顔がインパクトまで、ボールに向いています。
前々回、ルックアップで説明しましたが、単純に速い回転をするには、
顔も一緒に回転する事が、速く回転する方法ではあります。
ハンマー投げでも、フィギアスケートの回転も回転しながら加速します。
しかし、ゴルフのスイング動作は、回転を繰り返して、加速する事は不可能です。
回転運動とは回転を繰り返す事で、徐々にスピードを上げていく動作。
ゴルフスイングは力をスピードに変換する動作。
ゴルフスイングが回転運動と言うならば、軸が必要になります。
そして古くから、この軸が論議されてきました。
1軸なのか、2軸なのか?!最近では、ウッズ選手のコーチである、
ショーン・フォーリー氏が左軸を提唱していることから、
左軸が最適などと言われています。軸はいったいどこなのでしょうか?!
軸に合わせて言われるのが、体重移動です。
2軸とするならば、右利きの場合、バックスイングで右足に体重が移動して、
フォワードスイングで左足に移動するとなり、1軸ならば軸の移動がありませんので、
体重の移動も行われない事になります。

正確性を考えるならば、軸なる物は動かさない事が良いと思われますが、
体重移動と言う言葉も、不正確で誤解を招きやすい言葉です。
インパクトでボールに体重が乗ると言うのは、あくまでも感覚であって、
ボールに力を加えるのはクラブです。

効率のいい力の入れ方は、誰でも同じなのですが、感覚は人によって変わってきます。
足の裏で感じる人もあれば、股関節で感じる人もいるでしょう。
また、日によって感じ方が変わってくる場合もあります。
ただ、力は常に入れるのではなく、入れる事と抜く事の繰り返しです。
スイング中に力を入れる部分と、抜く部分は移り変わります。
この移り変わりがタイミングです。
力を入れるのは一瞬ですから、力を入れる感覚もあまりありません。

スイング動作は、クラブを使って、ボールに力を加える事ですから、
背筋は意識する事があっても、背骨は意識しません。
軸は見た目であって、意識する事ではないのです。
正確性を考えれば、左足を軸と意識する事は効果的かもしれません。
しかし、ウッズ選手の様に筋力、スピード、飛距離があり、左足を軸と意識して、
ドライバーの飛距離が落ちなければ、ですが。
女子のツアープロで、左軸足でドライバーを打っている選手がいるでしょうか?!
ドラコンプロにいるでしょうか?!
この答えが解れば、取り入れるべきか、そうでないのか判断する事は、
難しい事ではないと思います。

吉本巧の「BREAKING90」~安定して90を切るためだけのテクニック~ 	
http://s-ter.net/business/c/02426.html

それでは、また次号にて!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!

  発行者サイト  : http://www.golfprogress.info/
                   http://ameblo.jp/golfprogress/
  プロから学ぶ  : http://www.golfprogress.info/menu1.html
  飛距離アップ  : http://www.golfprogress.info/swing.html
  アプローチ   : http://www.golfprogress.info/approach.html
  パッティング  : http://www.golfprogress.info/putter.html
  練習法      : http://www.golfprogress.info/practice.html
  週間ランキング: http://www.golfprogress.info/menu3.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



HOME - プロから学ぶ - ジャンル別 - 週間ランキング - 対象商品 - メールマガジン - サイト概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - サイトマップ