ゴルフ上達法について、初心者向けからプロゴルファー作成の上級者向けまで、厳選したランキングでご紹介!!

ゴルフ上達法ランキング

【ゴルフスイングは体幹が主体で、腕を使う意識はない?!】ゴルフ上達のためのアセット集 第173号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■□ ゴルフ上達のためのアセット集 第173号 □■

	2013年(平成25年) 7月21日 日曜日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
外資系コンサルタントのGolfProgressです。

本メルマガでは、その情報を知ることによって、ゴルフが上達する、
コンサルの世界で『アセット』と呼ばれるノウハウ、コツ、秘訣をご紹介します。

ゴルフ経験14歳から、フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏の協力の元、
日本とフランスのゴルフ事情の違いなども含めた情報も発信してきます。

毎週読んでいただいている方、新しく読者になっていただいた方、
いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■期待通りの活躍
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週のスコティッシュオープンでは、期待に応える魅力あるプレーが展開されました。

全英オープンの前週に行われる大会と言う事で、
全英オープンへの出場資格を持たない選手が、最後の望みに掛ける試合。
もしくは全英オープンの出場資格を持った選手の、調整場的な扱いでした。
1972年に始まったスコティッシュオープンは、
第2回大会でセントアンドリュースのオールドコースで開催されていますが、
その後は長らく、ローモンド湖近くのロッホローモンドゴルフクラブで開催されていました。

2011年からは、キャッスルスチュワートゴルフリンクスでの開催。
キャスルスチュワートは、
スコットランドのハイランド地方にあり、北海に面した場所。
参加選手からはコースの素晴らしさ、単なる全英オープンの、
前哨戦ではない試合である事。
またアメリカのネットワークテレビが、ヨーロピアンツアーで、
初めてライブ放映されるなど注目度の高い試合となってきています。

そんなアメリカ国民も注目する試合で、アメリカ国民の期待を背負った人が、
期待通りのゲーム展開で、試合を十二分に盛り上げてくれました。
大会前から、フィル・ミケルソン選手が参加する事で話題となりましたが、
13位で予選通過とややおとなしいスタート。

しかし、3日目にはトップのヘンリック・ステンソン選手とは2打差の2位タイに浮上。
ミケルソン選手、ステンソン選手と言うビックネームが
最終日最終組のペアリングとなりました。
ステンソン選手は昨シーズン、
南アフリカで開催されたSAオープン選手権以来の優勝を狙います。
ミケルソン選手のゲーム展開は、ミケルソン選手らしく、
この人はやっぱり魅力のある選手だと感じさせてくれました。
1番でいきなり1m程のボギーパットを外してダブルボギースタート。
この時点で、優勝の可能性は低いと思わせましたが、
前半残りホールを、1ボギー、4バーディの35で1打伸ばして、バック9へ。
ステンソン選手は波に乗り切れずに、前半はイーブンでスコア変わらず。
バック9に入りリーダーボードの入れ替わりが起き始めます。
2番パー5で9を叩いた若手のJB・ハンセンが、その後5連続バーディを含む、
8バーディとして14番でトップのミケルソン選手を捉えます。
バック9を32で回ったブランデン・グレース選手が、トップと1打差でホールアウト。
ハンセン選手は15番から3ボギーで後退。
ミケルソン選手は我慢を重ね、ノーボギーで18番へ。
1打差でトップを死守。
しかし、1番ホールと同じく優勝を決める、1m程のパーパットを外してしまいます。
プレーオフ1ホール目の第3打地点、カップまで50y前後で、
グリーン面が見えない、乾いた芝生のライと言う難しい状況。
ふわりと浮かして、スピンの効いたアプローチで10センチ以内に寄せ、勝負あり。

スコットランドの観客はこの技術に歓喜。
また、全米オープンからのセッティングで、
ストロングロフトの3Wをドライバーの代わりに使用。
このクラブでティーショットをホールによってドロー、フェイドを打ち分けて攻略。
リンクスでも力を発揮したミケルソン選手。
全英オープン初制覇に向けて、ミュアフィールドの戦いが楽しみです。

【フィル・ミケルソンのスイング分析】
http://s-ter.net/business/c/02427.html
▼参考:ゴルフ・ダイジェスト・オンラインより
http://s-ter.net/business/c/01259.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2013/7/20集計の週間ランキングについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のゴルフ上達法の週間ランキングは、以下となります。
http://golfprogress.info/2013/07/20.html

プロ・アマ含め、多くの方が書かれているゴルフ上達法は、
玉石混合(良いものも悪いものもある)ではありますが、
ネット限定販売ならではの書店で得られない貴重な情報が満載です。

▼1位☆☆☆☆☆
7日間シングルプログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

▼2位☆☆☆☆
谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/golfsp.html

▼3位☆☆☆
ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」 
http://s-ter.net/business/c/02429.html

▼4位☆☆
【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/1jikugolf.html

▼5位☆
世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!
http://s-ter.net/business/c/02430.html

▼6位以降は、サイトにて公開中。
http://golfprogress.info/2013/07/20.html

●今週の第1位は、
もし5ラウンド以内に80~90にならなければ、全額返金します。
雑誌にも紹介されたベストセラーレッスン。

7日間シングルプログラム	
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ゴルフスイングは体幹が主体で、腕を使う意識はない?!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏より、
ゴルフレッスンに関する豆知識やアセットについて紹介しています。

今週TAKU氏の連載第33回目です。

◆ゴルフスイングは体幹が主体で、腕を使う意識はない?!

ゴルフスイング動作には軸があって、軸を動かさないように体を回転させ、
腕の力を抜くことで、遠心力が働き、自然に腕が伸びて、
フォーローがツアープロの様に大きくなる。

クラブヘッドの重量は高々、200g程しかありません。
シャフトも糸の様に、軽くしなやかではありません。
遠心力の働きで、腕など伸びる訳なく、伸ばす意識で伸ばしているのです。
曲げた腕を伸ばす事で、スピードを付ける事は当たり前の事で、
伸ばす順番が、問題なのです。
最近、スイングは右手だと、一部で取り上げられていますが、
これは、レットベター氏が、アスレチックスイングを発表した時から言っていた事。
その教えを受けた、ニック・プライス選手も重要と言っていました。
多くの方が、利き手が右手で、右から左へのスイングをしていると思います。
食事をする時などの日常や、物を投げる時などで常に右手を主体に使っていれば、
本能的にボールを打つ動作は、利き腕をより多く使う事となるでしょう。
腕の動きをよく観察してみると、右腕と左腕は、動きが異なる事が解ると思います。

左腕は、クラブと一体感を保つように構えて、
バックスイングからインパクトまでクラブの動きと同調させます。
一方、右腕は肘と手首の曲げ伸ばしが大きく行われます。
ボールを打つまでの動作が、右腕は大きい為に、
どうしても使う意識が多くなるでしょう。

左腕はクラブだけではなく、体幹とも同調させます。
体幹、左腕、クラブが同調しなければ、所謂、
手打ちと言われる動きとなってしまいます。

左腕だけでクラブを握り、
肩などの上体や下半身を全く使うことなくクラブを動かそうとすれば、
肘や手首を曲げなければクラブを後方に動かすことは出来ません。
腕を使うことなく、バックスイングするとは、左肘を曲げる事なく、
肩を含めた上半身や下半身の動きだしで、後方にクラブを動かす事。

この動きが出来なければ、日頃多用する右腕によって、
クラブを後方に動かす事となるでしょう。
片腕だけで、ハーフスイングでボールを打つ事を勧めます。
上級者になれば、どちらの腕で打っても、大きな差はなくバランスよく打てるでしょう。
腕力のない方は、左だけでスイングする事が難しいと思われがちですが、
左腕だけで、後方にクラブを動かしている証拠。
左肩を含めた上半身と下半身を使えば、腕力など必要ありません。
それぞれの腕の役割を理解しなければ、右腕を意識してのスイングは、非常に危険です。
誰でも、片腕だけと両腕で打ったときとの飛距離差は大きいと思います。
ゴルフスイングは両腕を使ってバランスよく行うもの。
ツアープロは考えがあって行っています。
なぜ、片山プロが普段の生活でも、左腕を意識して、食事でさえも左でするのでしょう。
以前、ジャンボ軍団はシーズンオフに羽子板を改良して、
ハゴミントンと称したトレーニングをしていました。
羽子板を左で持って、チームで別れて競い合うのです。
ジャンボ選手が左腕強化の為に、考案しました。
左腕と右腕のバランスを取るために、これらの事を実施しているのです。
腕の使い方は弾道に大きく影響します。
腕の正しい使い方を覚える事で、飛距離と正確性を手に入れることが出来るのです。

7番アイアン基礎ゴルフ上達術
http://s-ter.net/business/c/02431.html

それでは、また次号にて!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!

  発行者サイト  : http://www.golfprogress.info/
                   http://ameblo.jp/golfprogress/
  プロから学ぶ  : http://www.golfprogress.info/menu1.html
  飛距離アップ  : http://www.golfprogress.info/swing.html
  アプローチ   : http://www.golfprogress.info/approach.html
  パッティング  : http://www.golfprogress.info/putter.html
  練習法      : http://www.golfprogress.info/practice.html
  週間ランキング: http://www.golfprogress.info/menu3.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



HOME - プロから学ぶ - ジャンル別 - 週間ランキング - 対象商品 - メールマガジン - サイト概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - サイトマップ