ゴルフ上達法について、初心者向けからプロゴルファー作成の上級者向けまで、厳選したランキングでご紹介!!

ゴルフ上達法ランキング

【アップライト、フラットスイングとは】ゴルフ上達のためのアセット集 第182号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■□ ゴルフ上達のためのアセット集 第182号 □■

	2013年(平成25年) 9月22日 日曜日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
外資系コンサルタントのGolfProgressです。

本メルマガでは、その情報を知ることによって、ゴルフが上達する、
コンサルの世界で『アセット』と呼ばれるノウハウ、コツ、秘訣をご紹介します。

ゴルフ経験14歳から、フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏の協力の元、
日本とフランスのゴルフ事情の違いなども含めた情報も発信してきます。

毎週読んでいただいている方、新しく読者になっていただいた方、
いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ゴルフと天候
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週のツアーは天候不順で短縮、変更が多い週となりました。
日本の女子メジャー戦、USLPGAツアーのメジャー戦が共に、雨の為54ホールに短縮され、
ゴルフと天候はコースコンディションや大会運営に大きな影響を与え、
各団体の判断の違いが見て取れました。

今年から第5番目のメジャーへ昇格したエビアン選手権は、
スイスとフランスの国境をまたがるレマン湖の湖畔に位置する
エビアンリゾート・ゴルフクラブで開催。

今年のフランスは春に雨が多く、8月は暑い日が多く、9月に入りまた雨が多くなりました。
エビアン選手権でも初日、降雨で中止となり最終日に36ホールもしくは、
月曜日に最終ラウンドの予定をしていましたが、天候回復の見込みがない事と、
1日36ホール消化するには、日没が早い関係で難しいと判断されたのでしょう。
この状況に対応しきれずに残念な結果に終わってしまったのが、宮里美香選手。
宮里選手は第1ラウンドで単独首位となり、第2ラウンドでも2位とは1打差で単独首位。
54ホール短縮となり、初メジャー制覇に追い風と思われましたが、真逆の結果に。
出だしからショット、パット共に不安があったのでしょう。
最後まで修正出来ずにスコア79でのラウンド。
そんな宮里選手の代わりに、首位争いを最後まで演じたのが、
最強アマのリディア・コー選手。もはやLPGAの選手は、
コー選手がアマチュアとは思ってはいないでしょう。
コー選手が優勝していれば、1967年にアマチュアとして全米オープンを制した、
ラコステ創設者ルネ・ラコステ氏の娘であるカトリーヌ・ラコステ氏以来の快挙でした。
結果だけ見れば、優勝したスーザン・ペターセン選手が最終ラウンドを3アンダー68のスコアで回り、
最終ラウンド2位でスタートしたコー選手を逆転しての勝利ですが、
最終18番ホールまでペターセン選手は、
気を抜くことがなかったと思わせるシーンがありました。
ペターセン選手が、2打リードで迎えた18番。
同組でプレーした両選手は、共にセカンドショットを打った後、
この日初めて笑顔で言葉を交わしました。
2打目をグリーン奥に外したコー選手。
ペターセン選手は2オンに成功、2打差が生んだ余裕だったのでしょうか?!しかし、
ペターセン選手はファーストパットを2.5メートル程ショート。
バーディ、ボギーでプレーオフの状況。
その直後にコー選手のアプローチは、一瞬入ったかと思いましたが、入らず。
それを見たペターセン選手は苦笑い。
パーパットを慎重に沈めたペターセン選手が、
メジャーとなって生まれ変わったエビアン選手権、初代チャンピオンに輝きました。
USPGAツアープレイオフでは、ツアーファイナル出場の30名が決定しました。
BMW選手権でも最終日は、降雨で月曜日に順延。
第3ラウンドを終わって首位は、
2日目に6人目となる公式ツアー記録59を達成したジム・ヒューリック選手。
しかし、最終日は、スコアを伸ばす事が出来ずに優勝戦線から脱落。
優勝したのは、ザック・ジョンソン選手。
ジョンソン選手は、今大会前までの順位が27位。
今大会の優勝で、フェデックスカップ王者になる可能性が高い4位までジャンプアップ。いよいよ今週で決着。
10ミリオンのボーナスを手にするのは、誰でしょう?!

【スーザン・ペターセンのスイング分析】
http://s-ter.net/business/c/02461.html
▼参考:ゴルフ・ダイジェスト・オンラインより
http://s-ter.net/business/c/01259.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2013/9/21集計の週間ランキングについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のゴルフ上達法の週間ランキングは、以下となります。
http://golfprogress.info/2013/09/21.html

プロ・アマ含め、多くの方が書かれているゴルフ上達法は、
玉石混合(良いものも悪いものもある)ではありますが、
ネット限定販売ならではの書店で得られない貴重な情報が満載です。

▼1位☆☆☆☆☆
7日間シングルプログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

▼2位☆☆☆☆
ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」
http://s-ter.net/business/c/02453.html

▼3位☆☆☆
谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/golfsp.html

▼4位☆☆
【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/1jikugolf.html

▼5位☆
驚異のゴルフ上達法
http://s-ter.net/business/c/02462.html

▼6位以降は、サイトにて公開中。
http://golfprogress.info/2013/09/21.html

●今週の第1位は、
もし5ラウンド以内に80~90にならなければ、全額返金します。
雑誌にも紹介されたベストセラーレッスン。

7日間シングルプログラム	
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■アップライト、フラットスイングとは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏より、
ゴルフレッスンに関する豆知識やアセットについて紹介しています。

今週TAKU氏の連載第42回目です。

◆アップライト、フラットスイングとは

ゴルフスイングの特徴を表現する代表的な言葉に、
アップライト、フラットスイングがあります。
このアップライト、フラットとはどの様なスイングのことを言うのでしょうか。

スイングプレーンの事なのですが、
クラブヘッドが、飛球線に長く沿って動く程アップライトになる訳です。
クラブが短いほど、ボールの近くに構える事が出来る訳ですから、
クラブヘッドを飛球線に対して、長く沿って動かすことが可能です。
グリップの位置が高くなればなるほど、
クラブヘッドを飛球線上に長く動かすことが可能ですから、
背が高く、腕が短ければ理想な訳です。

飛球線上に長くクラブヘッドを動かす事は、
直線性が高まる訳ですから、狙った所にボールを打つ確率が高くなります。
しかし、一般的に言われているアップライト、フラットスイングは、
見た目で表現しているに過ぎません。
トップオブスイングと言われる位置によって、表現されている事が多いです。
このトップの位置、気にしている方多いと思います。
トップと言われる部分は単なる、スイングの通過点でしかありません。
コントロールしにくい部分であって、
意識する事はスムーズなスイングを妨げるだけです。
腕の動きが大きく、体の動きが少なければアップライトなバックスイングになり、
反対に腕の動きが少なく、体の動きが大きければフラットなスイングに見られます。
ゴルフスイングは腕の動きと体の動きの組み合わせで行われます。
バックスイングで、腕を大きく強く使う意識をして、
インパクト以降に腕より体を目標に向ける意識が強くなれば、
アウトサイドインのスイングとなります。
反対にバックスイングは、腕を使う意識が少なく、
体の力を使ってバックスイングして、インパクト以降に腕の振りを、
強く大きくすればインサイドアウトのスイングとなる訳です。
この意識と言うのは、クラブによって適している動きが異なります。
クラブの特性として長いクラブは右に行きやすく、
短いクラブは左に行きやすくなっています。
そして、スイングにも右に行きやすいスイング、左に行きやすいスイングがある訳です。
飛球線に対して、クラブヘッドがインサイドアウトの軌道であれば、
打ち出されたボールは右に行きやすく。
アウトサイドインの軌道であれば左に行きやすいと言うのが机上の理論で、
この理論に従えば、アイアンは左に行きやすいからインサイドアウトのスイングが適していて、
ドライバーは右に行きやすいから、
アウトサイドインのスイングが適している事になってしまいます。
現実に多くの方が、はじめてドライバーを打てば、
右に行きますので練習している間に、アウトサイドインのスイングとなり、
アイアンはコースに出でればダフりが多いから、
インサイドインのスイングでシャンク、トップで悩む事となってしまいます。

練習場では、どんな打ち方でもボールは打ててしまう事。
机上の理論では解決できない事があり、コースでは、
結果としてはっきりと表れる事を受け止め、現状を把握して、
何が正しいのか根気よく取り組むことが、上達の近道となるでしょう。

ロングドライブプログラム
http://s-ter.net/business/c/02463.html

それでは、また次号にて!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!

  発行者サイト  : http://www.golfprogress.info/
                   http://ameblo.jp/golfprogress/
  プロから学ぶ  : http://www.golfprogress.info/menu1.html
  飛距離アップ  : http://www.golfprogress.info/swing.html
  アプローチ   : http://www.golfprogress.info/approach.html
  パッティング  : http://www.golfprogress.info/putter.html
  練習法      : http://www.golfprogress.info/practice.html
  週間ランキング: http://www.golfprogress.info/menu3.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



HOME - プロから学ぶ - ジャンル別 - 週間ランキング - 対象商品 - メールマガジン - サイト概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - サイトマップ