ゴルフ上達法について、初心者向けからプロゴルファー作成の上級者向けまで、厳選したランキングでご紹介!!

ゴルフ上達法ランキング

【腕を使うタイミング】ゴルフ上達のためのアセット集 第183号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■□ ゴルフ上達のためのアセット集 第183号 □■

	2013年(平成25年) 9月29日 日曜日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
外資系コンサルタントのGolfProgressです。

本メルマガでは、その情報を知ることによって、ゴルフが上達する、
コンサルの世界で『アセット』と呼ばれるノウハウ、コツ、秘訣をご紹介します。

ゴルフ経験14歳から、フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏の協力の元、
日本とフランスのゴルフ事情の違いなども含めた情報も発信してきます。

毎週読んでいただいている方、新しく読者になっていただいた方、
いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■フェデックスカップ王者決まる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週のヨーロピアンツアーの舞台はイタリア。
イタリアの人気スポーツは、サッカーとモータースポーツ。
フランスと同じでゴルフはマイナースポーツ。
しかし、今大会地元の選手への声援は凄かった。
イタリア選手と言えば、モリナリ兄弟。
弟のフランチェスコ選手はライダーカップにも出場し、第一線で活躍。
今大会でも2日目に首位タイとなり、最終日は2位タイで迎え、最終組となりました。
最終日は、残念ながらスコアを落として、最終順位16位タイ。
もう一人忘れてはならないのが、マッテオ・マナセロ選手。
今大会、地元の大声援を受けながらのプレーでしたが、
こちらも残念ながら、優勝争いには加わる事が出来ずに、最終順位42位タイ。

優勝は、フランス出身のジュリアン・ケスヌ選手。
今シーズンのヨーロピアンツアーで、フランス選手は好調です。
スペインオープンではラファエル・ジャクリン選手がキャリア4勝目を挙げ、
優勝することは出来ませんでしたが、BMWインターナショナルオープンでは、
優勝したアーニー・エルス選手に最後まで食らいついた、
23歳のアレクサンダー・レヴィ選手は今後の活躍を期待させてくれました。

そして、ウェールズ・オープンで優勝したグレゴリー・ブルディ選手。
ブルディ選手はキャリア4勝目でした。
ケスヌ選手はキャリア2勝目。
昨シーズンのスペインで開催されたアンダルシアオープンでヨーロピアンツアー初優勝。
33歳のケスヌ選手は、2010年シーズンにヨーロピアンツアーフル参戦を果たしますが、
結果が出ずにチャレンジツアーに逆戻り。
2011年にチャレンジツアーで1勝して再び、ヨーロピアンツアーカードを手にします。
そして、2012年はヨーロピアンツアー初優勝、ランキング63位。
今シーズン大会前までは、最上位5位タイ、ベストテンフィニッシュ6回。
初優勝は、3打差を逆転しての勝利。
今大会でも4打差を逆転しての勝利でしたが、その4打差までに17人。
ケスヌ選手は2番でダブルボギーを叩く、最悪のスタート。
上位陣もスコアメイクに苦しみ、優勝争いが混沌とする中、
バック9ノーボギーのスコア31。
17番、18番連続バーディフィニッシュでリーダーボードを一気に駆け上がり、単独トップに。
ケスヌ選手は最終組がホールアウトするまでの長い時間、
どんな気持ちだったでしょうか。
フェデックスカップと10ミリオンのボーナスを手にしたのは、
ヘンリック・ステンソン選手。
初日にスコア64で単独首位、最後まで首位を譲ることなく完全優勝。
際立っていたのは、グリーン狙うアイアンショットとパッティング。
ステンソン選手は、ヨーロピアンツアーファイナルシリーズにも参戦表明。
両タイトル獲得に向けて、視界良好です。
ツアー選手権で、ステンソン選手を猛追したのが、ジョーダン・スピース選手。
ルーキーイヤーでのツアー選手権進出が、初となるだけでは物足りなかったのか、
フロント9後半で3連続、バック9に入って13番から4連続。
気合入りまくりでした。
4連続の後の17番セカンド、残り160ヤード強をグリーン手前のバンカーへ。
目玉となった3打目は、ピンには寄らずにボギー。
しかし、何かを期待させる選手。
プレジデントカップでの、松山英樹選手対決はあるでしょうか?!

【ジョーダン・スピースのプロフィール】
http://s-ter.net/business/c/02464.html
▼参考:ゴルフ・ダイジェスト・オンラインより
http://s-ter.net/business/c/01259.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2013/9/28集計の週間ランキングについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のゴルフ上達法の週間ランキングは、以下となります。
http://golfprogress.info/2013/09/28.html

プロ・アマ含め、多くの方が書かれているゴルフ上達法は、
玉石混合(良いものも悪いものもある)ではありますが、
ネット限定販売ならではの書店で得られない貴重な情報が満載です。

▼1位☆☆☆☆☆
7日間シングルプログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

▼2位☆☆☆☆
ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」
http://s-ter.net/business/c/02453.html

▼3位☆☆☆
谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/golfsp.html

▼4位☆☆
【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/1jikugolf.html

▼5位☆
驚異のゴルフ上達法
http://s-ter.net/business/c/02462.html

▼6位以降は、サイトにて公開中。
http://golfprogress.info/2013/09/28.html

●今週の第1位は、
もし5ラウンド以内に80~90にならなければ、全額返金します。
雑誌にも紹介されたベストセラーレッスン。

7日間シングルプログラム	
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■腕を使うタイミング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏より、
ゴルフレッスンに関する豆知識やアセットについて紹介しています。

今週TAKU氏の連載第43回目です。

◆腕を使うタイミング

ゴルフコースでプレーヤーが唯一、打つ場所を選択出来る所がティグランドです。
出来るだけ平坦でよいライの所を選択、コースレイアウトを確認して、
弾道がイメージできる場所を決めて、ティアップすればよい訳です。
打ちやすい場所を選ぶことが出来る訳ですから、
下半身を積極的に使う事も出来るでしょう。
ティショットではショートホール以外は、ドライバーを使う事が多いと思います。
ドライバーでティショットを打ち、傾斜地にボールが行き、
ドライバーで下半身を積極的に使ったフルスイングのイメージのまま、
傾斜地でスイングすれば、結果がどうなるのか想像は付くでしょう。
空振りする可能性も十分にあります。
傾斜の度合いにもよりますが、傾斜地では、無意識に平坦な所より足元に力が入ります。
スイング中、終始足元に力を入れていれば、下半身の動きは制限され小さくなります。
下半身の動きが小さくなっているのに、
上半身、特に腕をフルスイングのイメージのまま使ってミスをしてしまうパターンです。
下半身が使えていないからミスしたわけではありません。
クラブの中で、一番積極的に腕を使うクラブは、ドライバーです。
アイアンに比べてクラブが長く、シャフトのしなりによってクラブヘッドが、
ボールの位置に到達するまでに時間が掛かります。
この為、アイアンと同じタイミングで打てば、ボールは右に行きます。
ボールは思った所に飛ばずに、飛距離も出ませんから、
バックスイングで腕を大きく使うようになってきます。
腕を積極的に使うのは、トップオブスイングからの切り返し以降、
グリップの位置が右腰の辺りまで下がってからです。
この力を入れるタイミングが理解できませんから、
バックスイングで腕を大きく上げて、その勢いでボールに向かって、
クラブヘッドを当てに行くようになります。
右にしか行かなかったボールが少しずつ真っ直ぐに行きだします。
上体が早く目標に向くようになり、クラブヘッドの入射角度が鋭角になるからです。
練習場では、距離も出だして満足のいく弾道が打てるようになってきます。
その勢いでコースに行き、1番ホールで上手くいけばいいでしょうが、
いきなり大スライスかチョロ。
もう後は何をしても上手くは行きません。
上級者やツアープロでさえ、練習場で出来ても、コースでは出来ない事が沢山あります。
練習場では、何度でも失敗出来ます。
本来の動きではないのに、満足のいく弾道が打ててしまう場合があります。
ドライバーでスライスが出るのは、クラブの特性からすれば当然の事。
アイアンやフェアウェイウッドでは全くスライスしないのにと悩んでいる方は、沢山いると思います。
それをまったく逆の弾道にする事は、大変な事。
練習の過程で、スライスや左にひっかける打ち方を覚えてしまいます。
今のスイングや弾道は、そのようになる過程を踏んで起きていることを、
まずは理解しましょう。
今までの練習や、コースでの出来事。
弾道がどの様に変わって来たのか?!どの様な弾道が手に入れたいのか?!
どんなゴルフがしたいのか?!整理して、目標が設定できます。
その先に、思い描いたゴルフプレーがあるでしょう。

吉本巧のドライバー基礎ゴルフ上達術
http://s-ter.net/business/c/02465.html

それでは、また次号にて!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!

  発行者サイト  : http://www.golfprogress.info/
                   http://ameblo.jp/golfprogress/
  プロから学ぶ  : http://www.golfprogress.info/menu1.html
  飛距離アップ  : http://www.golfprogress.info/swing.html
  アプローチ   : http://www.golfprogress.info/approach.html
  パッティング  : http://www.golfprogress.info/putter.html
  練習法      : http://www.golfprogress.info/practice.html
  週間ランキング: http://www.golfprogress.info/menu3.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



HOME - プロから学ぶ - ジャンル別 - 週間ランキング - 対象商品 - メールマガジン - サイト概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - サイトマップ