ゴルフ上達法について、初心者向けからプロゴルファー作成の上級者向けまで、厳選したランキングでご紹介!!

ゴルフ上達法ランキング

【ゴルフが上達する習慣】ゴルフ上達のためのアセット集 第184号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■□ ゴルフ上達のためのアセット集 第184号 □■

	2013年(平成25年) 10月6日 日曜日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
外資系コンサルタントのGolfProgressです。

本メルマガでは、その情報を知ることによって、ゴルフが上達する、
コンサルの世界で『アセット』と呼ばれるノウハウ、コツ、秘訣をご紹介します。

ゴルフ経験14歳から、フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏の協力の元、
日本とフランスのゴルフ事情の違いなども含めた情報も発信してきます。

毎週読んでいただいている方、新しく読者になっていただいた方、
いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■卒業生決まる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Web.comツアーファイナル最終戦、ツアー選手権が終了。
PGAツアー2013-2014年シーズンの出場権を獲得した50名が決まりました。
石川遼選手もファイナル第1戦でつまずきましたが、
第2戦5位、第3戦7位タイ、最終戦8位タイと健闘。ツアーファイナルマネーランク12位。
PGAツアーへの優先ランク13位となり、10月7日から始まるシーズン開幕戦、
フライズドットコムオープンからの出場が決まりました。

石川選手の健闘は、既に出場を決めている松山英樹選手の存在が大きいでしょう。
今シーズンの戦いは一人でした、来シーズンは良きライバルと共に、
世界最高峰の舞台での活躍が期待されます。
Web.comツアー卒業生の中には、ファイナル第1戦を制したトレバー・イメルマン選手。
PGAツアーキャリア4勝のショーン・オヘア選手。
PGAツアーキャリア2勝のトロイ・マッテソン選手。
2009年シーズンからシードを確保しているリッキー・バーンズ選手。
全米アマチュア選手権で、
タイガー・ウッズ選手の最年少優勝記録を抜いたダニー・リー選手などの顔ぶれが。
一方、50名枠に入れなかった選手の中には、
マッチプレーでタイガーキラーと言われたニック・オハーン選手。
PGAツアーキャリア4勝のチャド・キャンベル選手、
キャリア2勝のロッド・パンプリング選手、キャリア1勝のジョナサン・ベガス選手、
そしてキャリア1勝のケビン・ナ選手など。
PGAツアーで活躍した選手達も、
来シーズンは下部ツアーからPGAツアー昇格に向けて挑戦です。
ヨーロピアンツアーのアルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権では、
プレーオフの末、39歳のデビット・ハウエル選手がキャリア5勝目を挙げました。
リンクス選手権は、スコットランドのリンクスコース3コースを予選で回り、
大会3日目に首位に立ったのは、
ヨーロピアンツアールーキーのピーター・ユーライン選手。

しかし、5打差の選手が17名と大混戦。
中には、アーニー・エルス選手、マーチン・カイマー選手などのビックネームも。
オールドコースが舞台の最終日、1番でボギースタートのユーライン選手は、
フロント9で2打伸ばして、トータル22アンダー。
しかし、フロント9で4連続を含めノーボギー、
スコア31のハウエル選手に首位の座を奪われます。
そして、1番から5連続バーディスタートで、
同じくスコア31のトーマス・レヴェ選手が10番、
11番連続バーディとして首位に並びます。

今季、好調のフランス選手。
ツアー6勝を誇るレヴェ選手が若手に触発され、優勝かと思われましたが、
その後バーディを奪えずに失速。
ハウエル選手は12番でボギーとして、12番でバーディとしたユーライン選手に、
首位を譲りますが、15番でバーディ、2選手が同スコアのままゴール。
プレーオフとなり、1番で行われた1ホール目は共にパー。
18番で行われた2ホール目、
残り91ヤードのセカンドをピン奥2.5メートルに付けたハウエル選手。
残り105ヤードから同じくピン奥5メートル程に付けていた、
ユーライン選手のバーディパットが参考となったのでしょう。
ユーライン選手は、最終日パッティングに苦しみ、
好調のパッティングで優勝を引き寄せたハウエル選手。
ベテランとルーキーの差は、パッティングでした。

【ピーター・ユーラインのプロフィール】
http://s-ter.net/business/c/02467.html
▼参考:ゴルフ・ダイジェスト・オンラインより
http://s-ter.net/business/c/01259.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2013/10/5集計の週間ランキングについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のゴルフ上達法の週間ランキングは、以下となります。
http://golfprogress.info/2013/10/05.html

プロ・アマ含め、多くの方が書かれているゴルフ上達法は、
玉石混合(良いものも悪いものもある)ではありますが、
ネット限定販売ならではの書店で得られない貴重な情報が満載です。

▼1位☆☆☆☆☆
7日間シングルプログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

▼2位☆☆☆☆
ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」
http://s-ter.net/business/c/02453.html

▼3位☆☆☆
谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/golfsp.html

▼4位☆☆
【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/1jikugolf.html

▼5位☆
驚異のゴルフ上達法
http://s-ter.net/business/c/02462.html

▼6位以降は、サイトにて公開中。
http://golfprogress.info/2013/10/05.html

●今週の第1位は、
もし5ラウンド以内に80~90にならなければ、全額返金します。
雑誌にも紹介されたベストセラーレッスン。

7日間シングルプログラム	
http://www.xn--nckgk6k2dk2db3318dkm8c5u4d.com/url/7golf-program.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ゴルフが上達する習慣
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フランス在住のゴルフインストラクターTAKU氏より、
ゴルフレッスンに関する豆知識やアセットについて紹介しています。

今週TAKU氏の連載第44回目です。

◆ゴルフが上達する習慣

先週開催された日本の男子ツアー、
アジアパシフィックオープンで20歳の川村昌弘選手が初優勝しました。
18歳でプロ入りした川村選手。
同世代には松山選手、石川選手というスター選手がいますが、
川村選手もアマチュア時代は、ナショナルメンバーとして活躍。
地味な風貌からなのか、注目度は低く松山選手、石川選手とは対照的な存在。

しかし、もしかしたら川村選手は将来、松山、石川選手以上に活躍するかもしれません。
それは、ゴルフが上達する習慣を持っているから。
上達するヒントになる習慣とはどんな事なのでしょうか。
5歳からゴルフを始めたと言う川村選手。
大人の中に一人で入ってラウンドした少年時代。
自分のスイングをビデオカメラで撮った事が1度もなく、
スイングを作ろうとしたことがないと言う感覚派。
スイングの指摘を受けても、スコアが出せているから直す必要はないと考える頑固さ。
練習場での練習嫌い。コースで遊び球は打たない。
これらの事を一般ゴルファーに当てはめてみると、
仲間内だけの楽しいゴルフではなく、一人でコンペなどに参加する。
初心者の時に、半年間から1年間だけレッスンを受ける。
ツアープロのスイングは参考にしない。スコアにこだわる。
スコアを分析して、その結果から練習メニューを考える。
打撃練習は1時間以内、100球以内、パッティングマットを使ってのパッティング練習、
アプローチなどの素振りを主体に練習。
コースでは1球勝負、練習球は打たない。
練習場で毎日練習して、コースは月に1回より、
練習場での練習はたまに、コースは週1回。となります。
いかがでしょうか?!これを実践している方は、少ないと思います。
動作は感覚です。
感覚は大人になってからでも磨くことが可能です。
感覚を無視して、第3者の言葉や形を追求しても時間の無駄です。
ゴルフを始めれば、誰しも目標はスコアアップになります。
300ヤード飛ばしても、スコア100以上であれば、カッコ悪いだけです。
スコアアップを目指すには、打点の位置に注目しましょう。
上級者の共通している所は、打点の位置が一定している事です。
常にスイートスポットで捉えると言う事ではありません。
打点の位置によって、何が変わるのか理解しなければなりません。
近年のボールは、練習場のボールでも質が良く、
ボール表面のカバーがソフトな物が主流です。
そして、クラブフェイスに打痕が残りやすくなっています。
これにより、フェイスのどこで捉えているか、良くわかります。
数十球打って、フェイス全体に打痕があれば、
明らかにスイングの再現性がない事になります。
動作に問題がありますので、改善が必要です。
クラブフェイスの中心が理想でしょうが、クラブの種類、球筋により変わってきます。
アイアンであればフェイスの中心からネック寄りで捉える事が、
飛距離、球筋が安定します。
ドライバーを含めたウッド系は、反対で中心からトゥよりになります。
逆でも打点の位置が一定であれば構いませんが、
アイアンで中心からトゥよりで捉えた場合、フック回転の球筋になり、
ウッド系で中心からネック寄りならばスライス系の球筋となります。
スイングの安定、スコアの安定には、打点の位置を安定させることが上達の近道です。

吉本巧のドライバー基礎ゴルフ上達術
http://s-ter.net/business/c/02465.html

それでは、また次号にて!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!

  発行者サイト  : http://www.golfprogress.info/
                   http://ameblo.jp/golfprogress/
  プロから学ぶ  : http://www.golfprogress.info/menu1.html
  飛距離アップ  : http://www.golfprogress.info/swing.html
  アプローチ   : http://www.golfprogress.info/approach.html
  パッティング  : http://www.golfprogress.info/putter.html
  練習法      : http://www.golfprogress.info/practice.html
  週間ランキング: http://www.golfprogress.info/menu3.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



HOME - プロから学ぶ - ジャンル別 - 週間ランキング - 対象商品 - メールマガジン - サイト概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - サイトマップ