くまもと阿蘇カントリークラブ

くまもと阿蘇カントリークラブ
くまもと阿蘇カントリークラブ.jpg

所在地:熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽5992-2
九州自動車道・熊本 31km以上


くまもと阿蘇カントリークラブのコース紹介

湯の谷コースは58年の歴史を誇る熊本で一番古い名門コースです。

昭和27年秋に開場。 ゴルフ場の設計の名匠である、井上 誠一氏、保田 与天氏が設計を手掛け、ブルトーザーなどの機械を使用せず、自然の地形をそのまま生かしてつくられた、まさに手づくりのゴルフコースです。
各コースごとに自然の織りなす変化を味わいながらプレイができ、それが湯の谷コースの一番の魅力となっています。
歴史を誇る名門コースでのプレイを存分にお楽しみください。

お知らせ

【2010.4.16 GRAND OPEN!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
クラブハウスの新築工事及びコースの整備も整い、『くまもと阿蘇カントリークラブ湯の谷コース』がグランドオープンしました。
 休業中は皆様に大変ご迷惑をおかけしましたことを、お詫び申し上げます。
 グランドオープンを機に、熊本で一番古い歴史をもつコースとしてのの誇り、そして湯の谷コースの新しい歴史を刻む決意を胸にスタッフ一同初心に返り、ますますして研鑽してまいります。今後も変わらぬご愛顧をお願いいたします。

戦前、湯の谷の観光ホテルに進駐した米軍の簡易コースをもとに、牛馬の放牧地であった原野に造られた湯の谷コース。

ブルトーザーなどの機械を使用せずに、スコップや「もっこ」と呼ばれる道具で地面をならし、フェアウェイは馬引きの芝刈り機を使うなど、自然の地益をそのままに活かして造られた。

 開場当時は敷地内で放牧が行われていたため、 「牛馬の糞や足跡に入ったボールは罰無しにドロップできる」という独自のローカルルールがつくられていたほど。

 現在では放牧が行われていませんが、各コース以後とに自然の織りなす変化を味わいながらプレーができ、それが湯の谷コースの一番の魅力となっています。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月 8日

Golfprogress (14:01) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:熊本県 ゴルフ場

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://golfprogress.info/menu/mt-tb.cgi/600

コメントする




« 球磨カントリー倶楽部 | ホーム | 熊本空港カントリークラブ »

このページの先頭へ