ゴルフ パッティング動画の最近のブログ記事

パッティング・アークドリル


  • 以下、YouTubeの紹介文章です。
  • 今日のマスターズを見ていたら、上位で活躍している選手のほとんどがピン型やL字型パターを使用していました。このタイプはネック寄りにスイート­スポットがあり、フェースを開いて閉じていくアーク型軌道でストロークします。イーブンペースで振れると、打ち出しからボールが順回転(ロール)するので、柔らかく転がっ­て止まりそうで止まらない足の長い転がりになります。テクニックを駆使するプレーヤーに向いているパターと言えそうです。
  • 動画に見られるドリルはティーを6個使用して、インサイドイン軌道(アーク)を体得するドリルです。クラブフェースを目標線の少し内側に弱冠開いて引き、インパクト後はト­ゥーがヒールを追い越して、閉じながら目標線の内側にフォローを出していきます。ティーはそのパターヘッドの動きに反って刺してみてください。実際の練習では、バックスイ­ングの振り幅及びテンポをフォローでも変えないことが大切です。これまで、はじき系パット(パチンっ)と打っていた方は打ち出しでボールが滑っていて、正しいロールをして­いませんので、このドリルできれいなロールを体得してください!

パッティングに関するゴルフ上達ランキングはこちら↓

l_header04.jpg

タグ

2012年1月12日

Golfprogress (00:51) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:ゴルフ パッティング動画

パッティングの構えを側方からチェック


  • パッティングの構えを側方からチェックする動画です。(YouTubeより)
  • 以下、YouTubeの紹介文章です。
  • ゴルフのグリップはあまり気にしていない人が多いように思います。ほとんどの生徒さんがショットのグリップと同じように握って、手首を使い過ぎているように感じます。
  • G1が推奨する振り子バランス理論では、手首を一切使わず、胸・肩・肘を積極的に動かし、腹筋(インナーマッスル)を使ってストロークします。そのためには両肘でパターを­吊り、左肘からパターヘッドの先まで一直線に構える必要があります。
  • 動画に見られるように、立った姿勢で両肘からパターの先まで一直線にします。それには、両手の生命線(ライフライン)に沿ってグリップをあてがいます。
  • 両膝を前方にちょっとに曲げて、お腹に肉を寄せるような感じで腰から前傾姿勢をとります。側方から見た時にグリップが前腕に隠れて見えなければ、正しいグリップをしている­証拠です。

パッティングに関するゴルフ上達ランキングはこちら↓

l_header04.jpg

タグ

今井純太郎 パッティングのアドレス Part2 - YOUTUBE


  • プロゴルフコーチ今井純太郎氏(JJG所属)のオンラインゴルフレッスン動画(パッティングのアドレス編)です。(Youtubeより)
  • パッティングのアドレスについて、今井プロの大事にしていることについてご紹介されています。
  • 一つ目は、ボールが目の真下にあること。
  • 二つ目は、クラブを自然においたところで、グリップを普通にすること(言葉では伝わりにくいですので、詳しくは動画でご確認ください)。

パッティングに関するゴルフ上達ランキングはこちら↓

l_header04.jpg

タグ

2011年12月 7日

Golfprogress (18:47) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:ゴルフ パッティング動画

このページの先頭へ