パッティングの構えを側方からチェック


  • パッティングの構えを側方からチェックする動画です。(YouTubeより)
  • 以下、YouTubeの紹介文章です。
  • ゴルフのグリップはあまり気にしていない人が多いように思います。ほとんどの生徒さんがショットのグリップと同じように握って、手首を使い過ぎているように感じます。
  • G1が推奨する振り子バランス理論では、手首を一切使わず、胸・肩・肘を積極的に動かし、腹筋(インナーマッスル)を使ってストロークします。そのためには両肘でパターを­吊り、左肘からパターヘッドの先まで一直線に構える必要があります。
  • 動画に見られるように、立った姿勢で両肘からパターの先まで一直線にします。それには、両手の生命線(ライフライン)に沿ってグリップをあてがいます。
  • 両膝を前方にちょっとに曲げて、お腹に肉を寄せるような感じで腰から前傾姿勢をとります。側方から見た時にグリップが前腕に隠れて見えなければ、正しいグリップをしている­証拠です。

パッティングに関するゴルフ上達ランキングはこちら↓

l_header04.jpg

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年1月12日

Golfprogress (00:48) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:ゴルフ パッティング動画

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://golfprogress.info/menu/mt-tb.cgi/255

コメントする




« 谷将貴プロコーチのDVDで実戦マスター!パッティング&バンカーショット | ホーム | パッティング・アークドリル »

このページの先頭へ